Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(6-25)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

第五節 止の修習における八支聖道

前に述べた通り、止の修習において、禅修行者はまた、八支聖道を育成しているのである、と言える。

如何なる時においても、あなたが、何等の夾雑物も挟むことなく、呼吸の所縁を覚知する時、我々は、この八項目の要素は、既に生起しているのだ、と言える。

それらの所縁は、

遍作相(parikamma nimitta)、

取相(uggaha nimitta)、

または似相(paṭibhāga nimitta)である。

例えば、入出息初禅において、この八項目の要素は、入出息似相を所縁として取るのである。

正語、正業と正命の、三つの戒行の要素は、実際には、入出息似相を所縁として取ってはいないものの、しかし、我々は、それらは(+その内に)含むものと、見做している。

というのも、止の修習の時、あなたは五戒、八戒十戒または、比丘の 227 学処などを、受持しているからである。

この八項目の要素とは、以下の様である:

(1)正見(sammā-diṭṭhi):

智慧でもって入出息似相を覚知する事。

(2)正思惟(sammā-saṅkappa):

尋(vitakka)禅支に相当。

心を入出息似相に投入する事。

(3)正語(sammā-vācā):

事前に受けておいた、虚妄語などを遠離する学処の事。

(4)正業(sammā-kammanta):

事前に受けておいた、殺生などを遠離する学処の事。

(5)正命(sammā-ājīva):

事前に受けておいた、同等の学処。

(6)正精進(sammā-vāyāma):

入出息似相を覚知する事に尽力する事。

心をそれに投入し、それに専念せしめ、それに専注する事。

(7)正念(sammā-sati):

入出息似相に専念し、同時に、その他の要素が入出息似相から離れない様にする。

(8)正定(sammā-samādhi):

入出息似相に専注する事。

これが八支聖道における、八項目の要素が、如何にして、初禅の内において生起するのか、という説明である。

第二、第三と第四禅においては、尋禅支の正思惟(sammā-saṅkappa)が生起しない以外、その他は皆同様である。というのも、それらはすでにこ、れらのジャーナの内において、存在しないが故に。

結び

この四種類のジャーナはまた、色界ジャーナ(rūpāvacarajhāna)とも言う。

というのも、それらは色界地への生まれ変わりを導くが故に。

しかし、仏陀は我々がこのためにジャーナを育成する事を推奨する事はなかったのである。仏陀はジャーナの育成は、観の修習の基礎とする事を推奨した、すなわち、vipassanā の基礎としてのジャーナ(vipassanāpādakajjhāna)である。

観の修習の前において、あなたは更に一歩進んで止の修習を通し定力を強化する(+べきである)。たとえば、十遍、四無色定(+の修習)を通して。

ただ、以下においては、我々は、入出息第四禅を基として、どの様に観を修習するのかを、研究する事とする。

(7-1につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>まで。

<『涅槃証悟の唯一の道』パオ・セヤドー著(原題「証悟涅槃的唯一之道」) 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>