Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~怒りの処方箋

以前、私はブログに

<「怒ってはならない」という風な、したり顔で怒りについて書かれた本は、読まない>

<特に僧侶の書いたもので、仏教徒なら怒らないのが当然、という前提で書かれた、良い子向け道徳本は、自分の参考にならないので読まない>と書いた事あります。

今も、その類の本は読まないのですが、最近、自分の怒りが、少し見える様になってきました。

先日、日ごろ私が親切にして上げている(と思っていた)女性に、ちょっとつれなくされて、少しばかり立腹したのですが、しかし、瞑想して、入定する中で、落ち着いて己自身の言動を振り返ってみると、彼女にとっては、私の親切は《小さな親切、大きなお世話》な訳でして、「彼女が私に、恩義を感じる必要はないのだなぁ」と、よくよく分かりました。

人と人との、ちょっとした心の行き違いは、勘違い、過剰な期待などなどから、発生する事が多いです。

冷静に、己自身の心の動きへの気づきを忘れず、心をニュートラルにして、何があっても軽やかに対応する様にする。

他人と、多少の行き違いがあっても、笑っていられる自分がいたら、それはそれで爽快です。

私にとって、怒らない心の処方箋とは、己の心の動き(起心動念)への観察と、瞑想による状況への俯瞰と反省(貪欲や渇愛の瞬間の心をつまんで捨てる)、そんな所が有効な様です。

  <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>