Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(9‐19)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

我々は次に、vipassanā の第三段階について、

論談する事にする。

すなわち、以下の 9種類の観智である:

(5)壊滅随観智(Bhaṅgānupassanā ñāṇa):

五蘊の壊滅を、特に(+重点的に)観照する。

その事によって、あなたの修習は、その無常・苦・無我の相の観智に関して、更に強くて力のあるものになる。

(6)畏怖現起智(Bhayatupaṭṭhānā ñāṇa):

五蘊が継続して壊滅し続けるのを観照して、畏怖を覚える。

その事によって、あなたの修習は、その無常・苦・無我の相の観智に関して、更に強くて力のあるものになる。

(7)過患随観智(Ādīnavānupassanā ñāṇa):

五蘊が継続的に壊滅する過患を観照する。

その事によって、あなたの修習は、その無常・苦・無我の相の観智に関して、更に強くて力のあるものになる。

(8)厭離随観智(Nibbidānupassanā ñāṇa):

五蘊が絶え間なく壊滅する以外に、何か喜ばしい処がある訳でない事の真相を観照する。

その事によって、あなたは、五蘊に対して、厭離を感じる。

この段階において、あなたの心は、無生、寂静なる境地の涅槃に傾く。

(9-20につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。

<『涅槃証悟の唯一の道』パオ・セヤドー著(原題「証悟涅槃的唯一之道」) 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>