Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

翻訳『禅修指南』(2‐1)

 <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

(P1)

第一章 智慧の光とは何か

智慧には光明があることについて、仏陀は《増支部

三集・掬塩品・相經》(Aṅguttara Nikāya、Tika Nipāta Loṇakapallavaga、Nimitta Sutta)

の中において、以下の様に言う:

Yato ca kho bhikkhave adhicittamanuyutto bhikkhu kālena

kālaṃ samādhinimittaṁ

manasikaroti、

lena kālaṁ paggāhanimittaṁ manasikaroti、

lena kālaṁ upekkhānimittaṁ

namsikaroti、taṁ hoti cittaṁ muduñca kammaniyañca

pabhassarañca、na ca pabhangu、sammā samādhiyati āsavānaṁ khayāya.

--「比丘たちよ。増上心を勤修する比丘は、ある時は、定の相に作意し、ある時は、精進の相に作意し、ある時は、捨の相に作意する。

故に、その心は柔軟であり、作業に適合し、極光浄であり(=極めて光輝き清らかであり)、また容易に壊れる事がない。彼の心は漏が尽きるまで、安定してそこに住立する。」   

(2-2につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。

<本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda)著 『禅修指南』Meditation Guide 第二版 中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>