Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~聖者への道

2月、3月の台湾リトリートで頂いて帰った、本雅難陀禅師(Ven.U Puññānanda)の著書、<シリーズ1~3>と

アメリ法話第一集>の翻訳が、終わりました。

大変急ぎましたので、誤字・誤植・誤入力など、多々、あるかも知れません。

発見された方は、当ブログのコメント欄か<菩提樹文庫>まで、お知らせ下さい。

これより先、同じく本雅難陀禅師の『禅修指南』の翻訳を再開します。

アメリ法話第一集>にもありました様に、パオ・メソッドによって悟ろうと、お考えの諸兄・諸姉は、nimitta が出現しなければ、先の修行ができません。

nimitta が出来れば、nimitta に融入する練習をして、それを長時間保つことができれば、入定成功、という事になります。

ここから、名色分別、縁起法と進むことができれば、チューラ・ソータパナ、小さい聖者も、夢ではありません。

子供の頃、

「聖者って何?」

「おとぎ話の架空の英雄?」

などと、自分とは全く関係のない話かと思っていましたら、思いがけず・・・パオメソッドに、誰でも、努力次第で聖者になれる方法が・・・それも息を見るだけで・・・元手いらず・・・いえ、まぁ、五蓋のない心と、行住坐臥に耐えられる体力が、必要なようですが。

パオ・セヤドーの『智慧の光』や、本雅難陀禅師の著書を参考にされて、苦を断つ道、聖者の道を目指しませんか?

  <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>