Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

翻訳『禅修指南』3-46

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

ある種の人々は懐疑する:

骨の厭わしさを観察の対象にして、なぜ、喜と楽が生じるのか?と。

答え:

この種の修行をする時、骨自体は、確実に嫌悪されるべきものであるが、しかし、あなたは、事前に、この法門の利益を理解していて、あえて修行に来ている訳であって、また、同時に、最後には、あなたは、老、病、死の苦から解脱できる事も知っている。

故に、喜と楽が生じるのである。

また、喜と楽は、熱く悩ませることによって、心を疲労させる所の、五蓋が取り除かれた事によっても、生起する。

例えば、ゴミ拾いを生業にしている人が、ゴミの山を見た時、以下の様に思う:

「これらを利用して、私は大金を儲けよう」

こうして、彼は非常に歓喜する。

また、身体が重病である人が、嘔吐や排便で不快感が癒された時、悦楽と安楽の感覚が生じる様なものである。

(3-47につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。

<本雅難陀尊者著 『禅修指南』Meditation Guide 第二版

中国語→日本語 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay