Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~仏教的バランス社会

3月に、本雅難陀禅師のリトリートを終えて、帰国の日まで、台北の<北投>という小さな町の旅社で、二泊した時の事。

リトリートに参加していた青年が、訪ねてきてくれました。

彼はいいます「本雅難陀禅師が日本に行く時、私がカピヤ(浄人。比丘の随行をする在家者)をやりますから」

私「・・・でも、あなた、お仕事があるでしょう?二週間も休めます?」

彼「僕は自営業です。これ以上、資本主義のために働きたくはない。結婚はしない。お金は必要最小限あればいいのです」

私「・・・」

すごいですね、最近の若者。

弱肉強食の、誰もが疲弊する、勝者のない、資本主義の経済優先社会の終焉を、感じ取っているのでしょう。

私の息子(カメラマン)も、最近、ブータンに出かけて行って、幸福度(GNH)の調査をして、ついでに、当地の大学で、写真の撮り方を教えて来た様です。

お金はほどほどに・・・真の幸福とは・・・身体の健康も大事ですが、何より、心の健康が一番大事。

戦争のない、心と身体の健康のバランスの取れた社会・・・如理作意の善業で、自他共に、気持ち良く生きる・・・一日も早く、そんな社会が来て欲しいものだと、残りすくない命の中、老サヤレーは思うのです。

 <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>