Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

翻訳『禅修指南』5‐16

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

《近行定に向かって》

四界に基づいて、定力を育成して、近行定に向かう時、あなたは、異なった種類の光を、見る様になる。

ある種の禅修行者は、その始まりの段階において、その光は、灰色の煙の様である。

もし、引き続き、灰色の光の中の四界を、識別し続けるならば、それは白い綿花の様になり、その後に、雲の様に、白く光る様になる。

この時、全身は、一塊の白い色をした物体に変る。引き続き、白い色の物体の中の四界を識別していると、それは透明で光り輝く、まるで氷の塊か、またはガラスの様になる。

この明るくて浄なる色法は五根であり、また「浄色」(pasāda rūpa)とも呼ばれる。

その中の身浄色(kāya pasāda)は、全身に遍満している。

この段階において見える所の、身浄色、眼浄色、耳浄色、鼻浄色及び舌浄色は、団塊状に属するものである。

というのも、あなたはいまだ、三種類の「密集」(ghana)を、看破していないが故に(第五章参照の事)。

もし、継続して、透明体の中の四界を識別するならば、それは発光し、光芒を四方に発射する様になる。

この光が、少なくとも半時間、持続的に出現する様になったその後に、あなたが、透明体の中の空界(小さな空間)を識別するならば、当該の透明体は、粉砕されて、名を「色聚」(rūpa kalāpa)と呼ばれる、多くの極微な粒子となる。

(+修行者が)名を「心清浄」(citta visuddhi)という、この段階に到達した時、色聚の分別の修習を通して、「見清浄」(diṭṭhi visuddhi)を育成する事ができる。

しかしながら、あなたの定力の光が、いまだ強くて盛んではないながら、その他の止禅を修習したいと思う時、色聚を見る前に、止禅の修習に転換するのがよい。

この場合、あなたは32身分(注20)に転換する事ができる。

そして、その中の一つの身分を選んで、その不浄を観じて、初禅を証得するまで、定力を育成する。

または、その中の一つの身分の、色彩を選んで、第四禅に至るまで、遍禅(kasiṇa)を修習し、その後に、慈心観、仏随念、不浄観及び死随念の四種類の護衛禅を修習する。

もし、禅修行者が、純観行者(suddha vipassanā yānika)である場合、彼は、四界のそれぞれの性質を、透明体が見えるまで、識別しなければならない。

その近行定の光が極めて明るくなった時、(+禅修行者には)諸々の色聚が、識別できる様になるが、そうなるまで、修習を進めなければならない。

注20:《智慧の光》の中国語版では、パオ禅林の禅修行者は、通常、安般念または四界分別観の修習を入門としている。もし、後者を選ぶならば、禅定の光が充分に輝く様になるまで待って後、32身分、白骨観、白遍と四護衛禅等の修習に転じ、その後に、色業処、名業処、縁起及び観禅の修習に進む。

(6-1につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。http://bodaijyubunko.sakura.ne.jp/index.html

<本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda)著 『禅修指南』Meditation Guide 第二版

中国語→日本語 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>