Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

翻訳『禅修指南』6‐2

 <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

当該の経の註釈は、更に一歩進んで以下の様に解説する:

「それは三遍知の事である」と:

Iti imasmiṁ sutte tissopi 

pariññā kathitā honti.

’Abhijānan'ti hi vacanena 

ñātapatiññā kathitā、

’parijānan'ti vacanena、tīraṇapariññā、

virājayaṁ pajahan'ti dvīhi pahānapariññāti.--

「この經の中において説かれているのは、三遍知の事である。

『知解』という語彙は『所知遍知』(ñāta pariññā)の事であり、『通解』は、『審察遍知』(tīraṇa pariññā、または度遍知とも)の事であり、『離欲』と『捨棄』の二つは、『断遍知』(pahāna pariññā)の事である。」

こうした事から、(+我々は)三遍知によって、一切は五取蘊の名色法に属しているのだという事を、徹底的に理解して初めて、名色法への愛(=執着)を断じ除いて苦を滅する事ができる(+事が分かる)。

また、《大疏鈔》(mahā-ṭīkā)では以下の様に言う:Taṅhi anāvasesato pariññeyyaṁ ekaṁsati virājitabbaṁ.--

「先に、徹底的に、全くの遺漏なく、この観禅の目標である所の、五取蘊を識別しなければならない。」

その後、それは禅修行者に、名色への愛着・執着を断つために、一切の名色法の無常・苦・無我の三相を観照する様にと、指示する。

(6-3につづく) 

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>  

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。http://bodaijyubunko.sakura.ne.jp/index.html

<本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda)著 『禅修指南』Meditation Guide 第二版

中国語→日本語 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>