Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~無人島にもって行く本

無人島で一人で暮らすとしたら、どの様な本をもって行きますか?>という鉄板の質問。

以前は「アビダンマッタサンガハ」と思っていましたけれど、どうやら私、『禅修指南』に移行中。

「アビダンマッタサンガハ」は、パーリ語~日本語対訳で、ゴータマ仏陀の説いたダンマを学べる他、パーリ語の面白さ(文法はやたら難しいけど)を楽しむ事もできて、一粒で二度おいしい。

でも、アビダンマッタサンガハ一冊、抱いていても、修行はできない(修行の方法は書かれていない)。

無人島では、時間はあるし、聖なる沈黙もできるので、修行する絶好のチャンス!

それならば、今翻訳中の『禅修指南』が一番いいみたい。

智慧の光』(パオ・セヤドー著)で分からなかった事が、『禅修指南』なら分かる。

『禅修指南』を持って、無人島に行って、黙々と修行したならば、二段階くらいアップするかも!

(二段階って何?う~~ん、まぁ、要するに、二段階!)

<緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>