Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~本雅難陀尊者日本招請について

今年 2月・3月と、本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda)の、台湾リトリートに参加して来ました(尊者は、現在

翻訳中の『禅修指南』の著者です)。

その時、尊者に「日本に来て、弘法と瞑想指導をして頂けないか」訊ねてみました。

尊者は最初、日本は寒い、究極法の分かる通訳者がいない、比丘の泊まれる如法のホテルが準備できるか疑問である・・・等々の理由で、訪日の可能性を否定しておられましたが・・・来年 2月の台湾リトリートと、5月のアメリカ・カナダのリトリートの間に、空き時間があると耳にした私が、三顧の礼にて、お願いしてみると、

「来年 3月、台湾リトリートの後、短期間なら」

とのお返事を、頂きました。

<鉄は熱い内に打て!>とばかりに、台湾より帰国後、尊者の従者である 某Bhante と、頻繁にメールのやり取りを致しまして、今般何とか、訪日弘法を前提とした大枠が、内定いたしました。

あくまで内定ですので、訪日の条件について、まだまだ、詰めるべき多くの事柄がありますので(初期の想定と多少異なる事もありまして)、詳細の発表は、控えさせて頂きますが、簡単ながら、これをもって、中間報告とさせて頂きます(最大の努力はしていますが、万一、当該案件が実らず、流れましたなら、ご寛恕下さい。)

<緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>