Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

翻訳『禅修指南』7‐20

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

《三種類の音声》

1、入出息心生声(=音)九法聚:入出息の音。

2、語表十法聚:話をする時の声。

3、時節生声(=音)九法聚:胃の中の音、風の音等。

この三種類の音の中において、前の二種類は、生命を有するものにおいてのみ、出現する。

三番目は、生命を有するものにも、生命を有しないものにも出現する。

その声(=音)は、前の二種類には、含まれない所の、すべての音声を含む。

二番目は、観禅の目標にするには適当でない。

しかし、一番目と三番目は可能である。

《四個の相色の識別》

受胎と胚胎の中で成長する色法を、見ることが出来た時だけ、色集積(=色積集、upacaya)を見ることができる。

色相続(santati)、色老性(jaratā)、色無常性(aniccatā)に関しては、それぞれ、真実色法の生・住・滅であるに、過ぎない。

修行する時、先に、一粒の色聚を見て、その中の八、九、または十種類の色法を識別し、その後に、これらの真実色法が、同時に生起し、住し、滅するのを観察する。

その後、再び同時に、六処門と 42身体部分の中の真実色法の生、住、滅を遍照する。

全部の色聚が皆、同時に生じ、住し、滅するという事は有り得ない。

すべて(+の色聚)が、同一の段階にある、という事はない。

《諸々の色法を「色」と観ずる時刻》

先に、(+禅修行者は)一つの処門ごとの 54種類、または 44種類の真実色法を、それぞれ観察し、かつ、出来るだけ、それらの非真実色法を観察する様、尽力する。

一つの処門毎の、すべての色法が、変化の干渉を受ける相のある時刻を観察して、その後に、それらを「色、色」または「これらは色である」または「これらは色法である」と観ずる。

42身体部分に関しても、同様の方法を用いて、識別する。

ここで言う所の「変化の干渉を受ける相」というのは、諸々の色法の強度が変化して、例えば熱さから冷たさへ、硬さから柔らかさへ、粗さから滑らかさへ(+と変化する事を言うが)、しかし、それらの自性相(特徴)は、依然として、硬く、流動的で、熱く、また支持性を有しており、変化がない。

熱い時、体内の色法の熱さは、忍耐の出来ない程になる:冷たい時、その冷たさも、忍耐の出来ない程になる。

故に、色聚の中の諸々の色の強度は、不断に変化しており、それらは外部において、相互に、不断に干渉し合うのである。

《要約》

未だ色聚を見ていない時、あなたは地、水、火、風の四界を照見して、近行定(+を得られる)まで、定力を育成するべきである。

色聚を見る事が出来る様になったなら、一種類毎の色聚の中の、すべての色法、例えば:眼十法聚を、識別しなければならない。

あなたは、その中の、地、水、火、風、色彩、香、味、食素(=栄養素)、命根と眼浄色の十種類の色法を、識別するべきである。

その後に、再度識別する:

一個の処門の中のすべての色法、一つひとつの身体部分のすべての色法、すべての六処門の中の、すべての色法、すべての 42身体部分の中の、すべての色法。

それらのすべてが、変化の干渉を受けている相を見たならば、それらを「色、色」または「色法、色法」または「これらは色、これらは色」と観ずる。

(8-1につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。http://bodaijyubunko.sakura.ne.jp/index.html

<本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda)著 『禅修指南』Meditation Guide 第二版  中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>