Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

翻訳『禅修指南』8-2

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

《六識(viññāṇa)》

心は、又、「識」とも言う。識によって縁として取られた色彩、音、香、味、触、法は、六種類の所縁(目標)である(+と言える)。

識は、以下の六種類に分類する事ができる:

1、眼識(cakkhuviññāṇa)

眼浄色に依存して生起する識。

色所縁(rūparammaṇa)を識知する。

2、耳識(sotaviññāṇa)

耳浄色に依存して生起する識。

音所縁(saddārammaṇa)を識知する。

3、鼻識(ghānaviññāṇa)

鼻浄色に依存して生起する識。

香所縁(ganadhārammaṇa)を識知する。

4、舌識(jivhāviññāṇa)

舌浄色に依存して生起する識。

味所縁(rasārammaṇa)を識知する。

5、身識(kāyaviññāṇa)

身浄色に依存して生起する識。

触所縁(phoṭṭhabbārammaṇa)、すなわち、地、火、風の三界を識知する。

眼、耳、鼻、舌、身の五識は、それぞれ善と不善の果報(異熟)の二種類があり、合計10個で、合わせて双五識と言う。

6、意識(manoviññāṇa)

有分透明界の縁及び心所依処色への依存によって生起する所の識は、六種類すべての所縁を識知する事ができる。

《六種類の法所縁》

1、五浄色(5 pasāda rūpa

2、16 の微細色(16 sukhuma rūpa):12種類の色法は容易に識別する事ができる。すなわち、五浄色、色彩、音、香、味、及び(触に属する所の)地、火、風。その為、それらは粗色(olārika)と呼ばれる。

28種類の色法の中から、この12種類を除いた、残りの16種類の色法は、容易に識別する事ができない。故に、それらは微細色と呼ばれる。

3、心:六識界(viññāṇa dhātu)

4、52種類の心所

5、涅槃(nibbāna):

為界(asaṅkhata dhātu)

6、概念(paññatti、概念):

各種の概念。例えば遍相の概念、名称の概念、形状の概念等。

(8-3につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。http://bodaijyubunko.sakura.ne.jp/index.html

<本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda)著 『禅修指南』Meditation Guide 第二版  中国語→日本語 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>