Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~ダンマの翻訳は楽しい

今、毎日、Ven. U Puññānanda Sayadaw の『禅修指南』を翻訳しています。

ダンマの翻訳は、大変に楽しい。

昔、私が、プロの中国語の通訳・翻訳者であった頃、フリーランサーとして、商社の通訳を担当したり、商用の書類を翻訳をしたものですが・・・商業活動は商業活動、それ以上でもそれ以下でもなく、たとえ私の通訳が功を発して商談が成立し、結果、巨額の利益を齎すとしても、仕事自体は、それほど面白いとも思わず・・・(通訳として、友好訪中団、技術視察団に随行して、中国全土を駆け巡ったのは楽しい思い出ですが・・・お蔭様で、チベット・ラサにも行けました)。

今、ダンマの翻訳をしていると、本当に楽しいと思う。

ゴータマ仏陀(それ以前に存在した仏陀も含め)は、世界は素粒子(色聚、色法)で出来ていて、刹那に生・滅しており、実体はない事(色法の無常・苦・無我)、有情の心も又、刹那に生・滅していて、実体はないのに(名法の無常・苦・無我)、皆はそれを知らずに、己自身の身の上に生じる善、悪の事柄に執着して、過度の喜怒哀楽、悲哀の中に暮らしている弊害を見て、衆生に知らしめた。

ダンマの翻訳をしていると、仏陀のすごさが身に染みる・・・<偉大>なんて言葉では、言い表せないくらい・・・イヤ、偉大だ!(笑)。

520頁ある『禅修指南』は、翻訳に三年くらいかかるかな、と思っていましたが、案外サクサクと進んでいます。

翻訳は、一年くらいで済ませて、その後、私はいよいよ、専修の生活に入りたい、と思っています。

皆様も是非、己の人生の内に、『禅修指南』をご活用下さい。

  <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>