Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

翻訳『禅修指南』8-16

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

《先に識別するべき名法》

《殊勝義註》(Dhammasaṅgani‐aṭṭhakathā)では、以下の様に言う:

’Tasmā taṁ rūpaṁ ārammaṇaṁ 

katvā uppannaṁ vedanaṁ 

saññaṁ saṅkhāre viññāṇañca 

idaṁ arūpanti paricchinditvā 

aniccādito passati’

ーー色法を所縁として取る事によって生起する受、想、行、識という諸々の非色法を分析した後、彼はそれらを無常として観照する。」

上に述べた註釈の教えに従えば、名法の識別を開始する時、禅修行者は先に、色法を所縁に取る名法を識別しなければならない。

禅修行者は、名法を所縁に取る名法の識別をする事も出来なくはないが、しかし、名業処の修習を開始したばかりの時、それらを識別(duppariggaha、摂受が困難)するのは、比較的困難である。

もう一点は:

男性、女性、人間、有情、金、銀等の密集の概念を所縁とする、名法を識別する事は、可能である。

ここでは、それらの概念を識別するのではなくて、概念を所縁として取る事によって生起する所の、究極名法を識別するのである。

《六グループの定義》

色法を所縁の違いによってグループに分類すると、合計六種類の所縁がある(+事が分かる)。

すなわち:

1、色所縁。

2、声(=音)所縁。

3、香所縁。

4、味所縁。

5、触所縁。すなわち、地、火、風。

6、法所縁。すなわち、五浄色と 16微細色。

色所縁を目標として取る名法は、色所縁グループ名法と呼ばれる。その他の名法は、また、類推して名付けられる

(注31)

六グループのすべての名法は、識別されなければならない。

次に、善速行を具備する心路過程名法は、善グループと呼ばれる:

不善速行を具備する心路過程名法は、不善グループと呼ばれる。

唯作速行心を具備する心路過程は、唯一、阿羅漢の心中にのみ出現するものであって、故に、この書では、それを解説しない。

《四随観(anupassanā)》

観禅の修行において、色法、名法、因と果を観照する時、

もし、色法の観照から始める時、それはすなわち:

身随観念処(kāyanupassanā satipaṭṭhāna)であり;

もし、受の観照から始める時、それはすなわち:

受随観念処(vedanānupassanā satipaṭṭāna)であり、

もし、識の観照から始める時、それはすなわち:

心随観念処(cittānupassanā satipaṭṭāna)であり、

もし、触の観照から始める時、それはすなわち:

法随観念処(dhammānupassanā satipaṭṭāna)である。

五蘊、または12処、または18界等の方式によって観禅の修習をするのは、法随観念処である。

注31:《智慧の光》では、ある種のグループの名称について、伝統的な用法を用いていない。それは、パオ Sayadawが、禅修行者の理解に利する為に用いた、指導内容に依る為である。

(8-17につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。http://bodaijyubunko.sakura.ne.jp/index.html

<本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda)著 『禅修指南』Meditation Guide 第二版  中国語→日本語 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>