Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~仏教とスピリチャル

私は仏教、特にアビダンマ仏教が、好きです。

五歳の時に

「大きくなったら、ゴータマ仏陀の教えを学ぼう!」

「人生、遊んでいる場合ではないゾ」

と決意したくらい、好きです(笑)。

で、仏法とは何か?と問えば、

一に、戒・定・慧の三学。

二に、無常・苦・無我の三法印

それに涅槃を加えた四法印

後、輪廻を認める(刹那輪廻&段生輪廻)、という所でしょうか?

しかし、最近はスピリチャルというのが大流行り。

やれ、私には、天の声が聞こえる・・・だの、私が地球に生まれて来た使命はどうこう・・・だの、いやいや、ゴータマ仏陀は、そんな事言ってない、言ってない(笑)。

<己の使命>というなら、《業報正見》を正しく学ぶ事でしょうか。

止観瞑想をして、パオ・メソッドなら、<縁起>の段階までくれば、《業報正見》が分かる様になるでしょう。

ゴータマ仏陀の涅槃の後、色々な思想や瞑想方法が混ざり合って、現代の仏教は、仏法とは名ばかりのものになっていて、仏教とスピリチャルの境界が曖昧この上ない・・・こういう時代であるからこそ、我々は心して、注意深く、《ゴータマ仏陀の仏法》を学ばなければならないと思います(自分の出会った仏教が正しい、自分だけが正しい、というのも、夜郎自大、高慢心の場合もあり、宗教論争、宗派争いのジャッジも、なかなか難しいものがありますが。)。。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>