Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~緑濃い山々

f:id:wong0110:20151116220300j:plain

源平なんとか・・・植えて6年程。何という名の木でしょうか?白と桃色の咲き分けです。


五月は、
気持ちのいい日が続きます。

Y盆地では、田植えの準備が、着々と進んでいます。

水の張られた棚田は、先人の努力の結晶の様で、実に美しいです(棚田を作った人々は、どの様な場所でも、お米さえあれば、平和に生きていけるという、そんな人間の気概、優しさを感じます。バリ島の棚田も、その美しさで有名ですね)

先日、私は稲の種まきの、お手伝いをしましたが、機械化が進んで、とても楽ちんです(私の仕事は、コンベアにトレーを載せるだけ。後は、自動で土が盛られ、種が蒔かれ、これに芽が出ると、田圃に運ばれて、早苗になります)。

今朝は、庭に出て、ツル・ゴールド・バニーという名の黄色いバラを写真に撮りましたが、つい、その後ろに咲く、同じ黄色の花(一年草)に焦点を当ててしまい、バラはピンボケ状態に(息子はカメラマンですが、上手い写真の撮り方、教えてくれません、企業秘密??~笑)。

バラは再チャレンジするとして、精舎の入り口に立つ樹木・・・源平なんとか(名前失念)をご紹介。