Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

翻訳『禅修指南』9-15

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

《心(すなわち智)を過去に向かわせる》

先に、順序に従って、定力を育成する。

次に、内部と外部の名色法を識別し、了知する。

特に、第六グループの名色によって、過去を識別する。

この方法を採用する、禅修行者の多くは、成功する事が多い。

先ほど発生したばかりの、過去の名色法の、識別から始める(これは、宿住随念の段階である。後ほど、どの様にして、因果関係を識別するのかを、説明する)。

まだ座禅・瞑想する前に、禅修行者は先に(蝋燭、または灯)の光、または水、または花を、仏陀に供養しなければならない。

その後に、発願する。

もし、いまだ涅槃を証得しておらず、輪廻を継続する必要がある場合、来世は、比丘になりたいと願う、または女性になりたいと願う、など等(個人の願望に依る)。

願を発した時に生起した所の、心路過程を識別する。

その後、座禅・瞑想する時、順序に従って、定力を育成する。

その後に、内外の名色法を、識別する。

特に、法所縁グループの、善名法を主とする。

もし、禅修行者が止行者である場合、彼は、ジャーナ名法(jhāna nāma dhamma)を識別する事を、主としなければならない。

その光が、非常に強くなった時、比丘または女性になりたいと願を発した時、涅槃を証悟したいと願を発した時、先ほど、仏陀に光の供養、または水の供養、または花の供養をした時の、心路過程を識別する様、チャレンジする。

これらの名法を識別する時、先に、それらが依存している所の、心所依処(hadayavatthu)、及び心臓の中の、54種類の色法を、識別しなければならない。

その後に、心所依処に依存して生起する所の、有分心を、識別する。

有分心を識別した後、有分心の前後を識別する。それは、有分心(+と有分心)の間に生起する所の、名法を識別するのであるが、それがすなわち、心路過程である。

これらの名法を識別できる様になったならば、それらは、座禅・瞑想する前に発した願の、心路過程と同じであるかどうか、を調べてみる。

もし、同様であれば、彼は、最も近い過去の、名色を、識別する事ができたのだと言える。

もし、禅修行者が止行者である場合で、梵天に生まれたいと発願するならば、彼を当該の界に生まれさせ得る所のジャーナを、充分に修習しておかねばならない。

たとえば、当該のジャーナが、第四禅である場合、再度第四禅に入る。

彼は第四禅に入る前、または入った後、梵天になりたい、または己が、梵天の様な傾向の生活に向かう様にと、発願する事ができる。

「発願」または「内心の傾向」とは、無明、愛及び取が、最も顕著な煩悩輪転(kilesavaṭṭa)を造(ナ、以下同様)しているのである。

当該のジャーナに、何度も入るという事は、すなわち、業輪転(kammavaṭṭa)を、造しているのである。すなわち、行と業である。

その後、次に、その煩悩輪転の名法、業輪転名法、及びこれらの名法の依存する所の処色を識別する。

もし、これらの名色法を、識別する事ができたならば、彼は、最も近い、過去の名色を識別できたのだと言える。

この様に、過去の名色を識別する時、心所依処色及び、有分心を識別する事を、主としなければならない。

(9-16につづく)

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。http://bodaijubunko.sakura.ne.jp/index.html

<本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda)著 『禅修指南』Meditation Guide 第二版  中国語→日本語 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

 

(9-16につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。http://bodaijubunko.sakura.ne.jp/index.html

<本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda)著 『禅修指南』Meditation Guide 第二版  中国語→日本語 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>