Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~黄色いツルバラ

下の写真は、ツル・ゴールド・バニーです。

ツルと言っても、枝はあまり撓っていません。

ゴールドですから、その花色は、光り輝く黄金色・・・と言いたい所ですが、他の黄色いバラとどう違うか、よく分かりません(笑)。

育苗家にとっては、新種の開発は、名誉と収入に直結するでしょうが・・・素人には、病気に強く、元気で扱いやすいのが一番です。

庭いじりをする様になって8年・・・まだよく分からない事もありますが、自分で「いいな」と思う樹木で、手に入るものは、ほぼ植えましたので(小鳥が実を運んで来て生えた実生の山椒、山アジサイ、春蘭なんかもありますが)、後は<剪定を学ぶ>と言いますか・・・剪定は、本を読んでもなかなか分からない・・・当の木々、花々を見ないとダメなのですね(苺は、ランナーが出たら、そちらを生かし、親は捨てるとか・・・昨日、古い親が、実を一つもつけていないのをみて、初めて納得)。

バラは、私の好きな杏色のが、蕾をつけました。

強健一番の<モナリザの微笑>も、元気モリモリ。

フランス生まれのお嬢さん、<ビアンヴュニュ>とか何とか、舌をかみそうな名前のピンクのバラ・・・これから、次から次へと、咲くでしょう。楽しみです。

 

f:id:wong0110:20151117222342j:plain

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>