Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

翻訳『禅修指南』10‐3

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

3、Viññāṇapaccayā nāmarūpaṁ sambhavanti

(識の縁によりて、名色が生起する)

=(ⅰ)業識(因)があるが故に、果報名と業生色(vipāka nāma kammaja rūpa)が生起する。

(もう一つ別の法)

=(ⅱ)果報識(因)があるが故に、果報心所名法と心生色(vipāka cetasika nāma cittaja rūpa)が生起する。

4、Nāmarūpapaccayā saḷāyatanaṁ sambhavanti

(名色の縁によりて、六処が生起する)

=名色(因)があるが故に、六内処(6āyatana)が生起する。

5、Saḷāyatanapaccayā  phasso sambhavanti

(六処の縁によりて、触が生起する)

=六内処(因)があるが故に、六触(6phassa)が生起する。

6、Phassapaccayā vedanā sambhavanti

(触の縁によりて、受が生起する)

=六触があるが故に(因)、六受(6vedanā)が生起する。

7、Vedanāpaccayā taṇhā sambhavanti

(受の縁によりて、愛が生起する)

=六受があるが故に(因)、六愛(6taṇhā)が生起する。

8、Taṇhāpaccayā upādānaṁ sambhavanti

(愛の縁によりて、取が生起する)

=六種類の渇愛があるが故に、四種類の執着・執取(4upādāna)が生起する。

9、Upādānapaccayā bhavo

(取の縁によりて、有が生起する)

=これらの執着・執取があるが故に、業有(kamma bhava)と生有(upapatti bhava)が生起する。

10、Bhavapaccayā jāti

(有の縁によりて、生が生起する)

=業有があるが故に、生(jāti、すなわち、結生paṭisandhi)が生起する。

11、Jātipaccayā jarāmaraṇa soka parideva dukkha domanassupāyāsa samudayo hoti.

=生があるが故に、老、死、愁、悲、苦、憂と悩が生起する。(全くもって、楽しいものは何もない所の)苦蘊は、この様にして生起する。

(10-4につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。http://bodaijubunko.sakura.ne.jpindex.html

<本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda)著 『禅修指南』Meditation Guide 第二版  中国語→日本語 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>