Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~あなたの目の中の丸太

「他人の目の中のゴミを問題にするより、あなた自身の目の中の丸太を、取り除く事に尽力しなさい」

は、キリストの有名な教えです。

己自身には、大いなる偏見と先入主がある。

そんなあなたに、他人を批判する資格などない、という教えです。

でも私、この教え、なんだか変だなぁ、と長い間、思っていました。

勿論、私は視野が狭く、ものごとを正しくとらえていない場合が多い、という事は認めますが、たとえば、力の強い者が弱い者を虐めたなら、前者を批判するのは当たり前ではないでしょうか?(弱い他人を虐めるのは、虐める側の人間に、解決不能の苦悩があるが故、それに配慮する事、というのも一面の真理ですが、今は横に置く。)

それとも、目に丸太を持つ私には、他者を批判する資格は、全くないのでしょうか?

ところが、先日、丸太には、続きがあるのだと誰かが、教えてくれました。

それは

「あなたの丸太が取れたなら、他人の目の中のゴミを取れ」です。

まず己から正す(凡夫が、完璧にそうするのは、少々、難しいかもしれないですが)。

そして、自分に恥じない範囲で、不正には、声を挙げてもよい(怒りではなく慈でもって。)

日本に、<お互いに決して批判をし合わない>キリスト教団がある、と耳にした事があり、それがずっと心に引っかかっていました。

宗教が教条になると恐ろしい・・・ここにも、その一例がありました。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>