Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

翻訳『禅修指南』13-8(449/520)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

《七非色観法》(Arūpa Sattaka vipassanā)

七種類の非色観法がある。

すなわち、聚によって、双によって、刹那によって、次第によって、除見によって、去慢によって、破欲によって(kalāpa、yamaka、khaṇika、paipaṭi、diṭṭhi uggahāṭna、māna samugghāṭana、nikanti pariyādā na)。

(一)聚観法

七色観法の中の、色法を無常(または苦、または無我)として「修観の心」を観照し、次に「後生修観の心」を、無常(または苦、または無我)として観ずる。この観の修習法は聚観法と言う。

七色観法の中の色法を、一体のグループに纏めて、それらを「取捨色」などとして分ける事なく、それら全体を無常として観ずる。

上に述べた色法を無常として観ずる修観の心に関して、後生修観の心でもってそれの無常を観ずる;

次に、後生修観の心でもって、それを苦を観ずる;

及び、後生修観の心でもって、それの無我を観ずる。

また、七色観法の色法の全体を苦として、この、色を苦として観ずる修観の心を、後生修観の心でもって、それの無常を観ずる;

次にそれを苦として観じ;

及びそれを無我として観ずる。

また、七色観法の中の色法の全体を無我とし、この、色を無我として観ずる修観の心を、後生修観の心でもって、それの無常を観じ;次にそれを苦として観じ;及びそれを我として観ずる。

これがすなわち、聚観法であり、すなわち、七色観法の中の色法を、一体のグループにして、これを観ずる観法である。

前生修観の心と後生修観の心

《アビダンマ論註》の中における、智分別(Ñāṇa Vibhaṅga)の註釈では、凡夫と学者の修観の心は、大善速行意門心路過程であると、言及している。

’Sekhā vā puthujjanā vā kusalaṃ aniccato・・・’

 「有学聖者と凡夫は、善法を無常、苦、無我として観照する。善速行(vipassanā kusala javana)の滅尽を観じた後、欲界果報彼所縁はその後に生起する。

’Taṁ kusalassa javanassa ārammaṇabhūtaṁ 

vipassitakusalaṁ ・・・’

彼所縁の欲界果報心として生起し、善速行の目標を観ずる善法を目標として取る。(Abhi-com)。

上に述べた経典によると、彼所縁は初観速行(taruṇa vipassanā  javana、すなわち、未成熟の観速行)の後において、生起する事が出来る為、注意する事。

Tilakkhṇārammaṇikavipassanāya tadārammaṇaṁ

na labbhati. Vuṭṭhānagāminiyā ・・・.

上に述べた経典のよると、彼所縁は強力な観速行(balava vipassanā  javana)の後に生起することができない、という事に注意する事。

表12-1 : 観速行意門心路過程(略)

一性理(ekatta)に基づいて、観速行意門心路過程全体は、以下の様に呼ばれる:

1、無常を観ずる心:苦を観ずる心:無我を観ずる心。

2、第一心、第二心などなど。

3、前生心と後生心。

その理由は、一番目の観速行意門心路過程の中で、その目標は七種類の色観法の中の色法であるからである;

二番目の観速行意門心路過程の中で、その目標は、第一番目の観速行意門心路過程、すなわち、名法である。

同一の一個の心路過程の中で、一心が色を目標に取り、もう一つ別の一心が名を目標に取ることは不可能である。

故に、色を目標に取るのは、一個の心路過程であり、名を目標に取るのは、また別の一個の心路過程である。

一性理に基づけば、いわゆる前生心または後生心とは、心路過程全体の事である旨、理解する必要がある。

彼所縁はある場合もあり、ない場合もあり得る。

もし、彼所縁が生起したならば、状況に応じて、それは無因でったり、有因彼所縁であったりする。

(二)双観法

取捨色を無常として観照した後、次に後生心でもって、修観の心を無常として観照し、次に苦として観じ、及び無我として観ずる。(取捨色を苦と無我とする、修観の心の、その観法は上と同様である)。

年齢の増長に応じて消滅する色、食所成色、時節所成色、業生色、心等起色と法性色の観法もまた同じである事に注意を払う事。

聚観法において、七色観法の中のすべての色法を一体として、別けて観照されるものはない、とする;

双観法において、それらは個別の観法の色として分類する。

一つひとつの観法を徹底的に観ずるべきである。

特に年齢の増長によって消滅する色に関しては:

生命の各々の段階において、それらの色法を観照し、次に、修観の心を観照する。たとえば、初齢の色法を観照し、その後にその修観の心を観照する:次に、中齢の色法を観照し、その後に、その修観の心を観照するなど等である。その他の色法の観法もまた、同様である事を理解する事。

(三)刹那観法

取捨色を無常として観じ、その後に:

1、第二心(第二観速行心路過程)でもって、一個目の修観の心を無常として観照する。

2、その後に、第三心でもって、第二心を無常として観ずる。

3、その後に、第四心でもって、第三心を無常として観ずる。

4、その後に、第五心でもって第四心を無常として観ずる。

(順序良く繰り返しそれらを苦として、無我として観ずる)

取捨色を苦、無我として観ずる観法もまた同様である事を理解する。

その他の色(たとえば、年齢の増長によって消滅する色)の観法もまた同様である。

七色観法に基づいて、一つひとつの種類毎の観法の中の色法を観照する。一つひとつの種類毎の観速行心路過程は、皆、連続して四回、後生心(後生心路過程)によって、前生心(前生心路過程)を観ずる。

(四)次第観法

取捨色を無常として観照した後、次に、連続して、以下の後生心でもって、前生心を無常として観ずる:

1、第二心でもって、第一心を観ずる;

2、第三心でもって、第二心を観ずる;

3、第四心でもって、第三心を観ずる;

4、第五心でもって、第四心を観ずる;

5、第六心でもって、第五心を観ずる;

6、第七心でもって、第六心を観ずる;

7、第八心でもって、第七心を観ずる;

8、第九心でもって、第八心を観ずる;

9、第10心でもって、第九心を観ずる;

10、第11心でもって、第10心を観ずる。

それらの苦と無我も観ずる事。(取捨色を苦とし、無我として観ずる観法もまた斯くの如くであることを理解する;その他の色の無常、または苦、または無我を観ずる観法もまた同様である。)

(五)除見観法

徹底的に、行法を無我として観ずるのは、すなわち、除見である。

無常随観智と苦随観智の、親依止縁力の支援の下、無我随観智は、見(我見)を断じ除く事ができる。

(六)去慢観法

徹底的に、行法の無常を観ずるのは、すなわち、去慢である。苦随観智と無我随観智の親依止縁力の支援の下、無常随観智は我慢(=傲慢、高慢)を断じ除く事ができる。

(七)破欲観法

徹底的に、行法の苦を観ずるのは、すなわち、微細愛(taṇhā)に属する欲(nikanti)を断じ除く事ができる。

無常随観智と無我随観智の親依止縁力の支援の下、苦随観智は愛を断じ除く事ができ、それ故に、愛は生起する事ができない。

注意

もし、ただ行法を無我としてのみ観ずるならば、無我随観智は、見を断じ除く事はできない;

もし、ただ行法を苦としてのみ観ずるならば、苦随観智は、愛を断じ除く事はできない;

もし、ただ行法を無常としてのみ観ずるならば、無常随観智は、慢を断じ除く事はできない;

どの様な随観智も、必ずその他の二者の随観智の支援を受けて初めて、対応する所の煩悩を断じ除く事ができる。

(《清浄道論》)。

上に述べた指示に従えば、名色法、五蘊法と縁起法において、徹底的に、三時の内外の行法の三相を観照した後、次には、少なくとも一回の座禅・瞑想の時間において、これらの行法を以下の様に観ずる:

1、無常に過ぎない。

2、苦に過ぎない。

3、無我に過ぎない。

三時の内外の行法の観照に関して、已に熟練に到達した無我随観智を擁する禅修行者は、行法に対して、我想が生じるものであろうか?

同様に、行法の観照に関して、已に熟練に到達した無常随観智を擁する禅修行者は、行法に対して、常想が生じるものであろうか?

「我、我」に執着する所の慢見は、如何にして生じるのであろうか?

慢見は唯一、常想を持つ者に生起する。

同様に、行法の観照に関して、已に熟練に到達した苦随観智を擁する禅修行者は、行法に対して、楽想が生じるものであろうか?

愛欲(taṇhā nikanti)は、唯一、行法に対して楽想を持つ心流の中にのみ、生起する。

こうしたことから、苦随観智が已に熟練に到達した禅修行者には、愛欲は生起することができないのである。

熟練への到達

Ettāvatā  panassa rūpakammaṭṭhānampi

arūpakammaṭṭhānampi paguṇaṁ hoti.

ーー「もし、熟練して、七色観法と七非色観法によって、内と外とを観ずる事ができるならば、禅修行者は已に、色業処と名業処において熟練しているのだと言える。」

もし、内外に、過去、現在と未来を観照できるならば、それは尚良い。

(13-9につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi> 

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。http://bodaijubunko.sakura.ne.jp/index.html

<本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda)著 『禅修指南』Meditation Guide 第二版  中国語→日本語 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>