Sayalay's Dhamma book

仏教書の翻訳は2019年夏をもちまして一旦終了しましたが、2020年発生しましたコロナ禍により、修行者独習に供する為、『親知実見』を翻訳しています。過去に訳出した23冊は<菩提樹文庫>にて閲覧できます。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」5-132

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

第二禅から出て来て後、あなたが正念と正知でもって、禅支を観察する時、伺のみが粗雑で、喜、楽及び一境性は寂静の様に感じる。粗雑な禅支を除き、寂静なる禅支を獲得するために、あなたは再び、不断に安般似相に専注する。

もし、あなたが持続的にこの様にできるならば、第三禅は上に述べた様に生起することができる。

それが捨離する禅支は伺のみである。四分法の第二禅と同じ様で、喜を初めとする三支が、それの具備支である。

前に述べた方法を用いて、引き続きジャーナの修行をしなければならない。

こうしたことから、四分法の中の第二禅は、二つに分ける事ができ、五分法の第二禅と第三禅になる事がわかる。四分法の中の第三禅と第四禅は、五分法では、第四禅と第五禅になるのである。

この二者において、初禅は共に初禅である。

私は多くの禅修行者に聞いてみたことがある。彼らに、四分法の中の各種のジャーナの優劣を語って貰った所、多くの禅修行者は以下の様に言う:第二禅は初禅より更に殊勝であり、第三禅は第二禅より更に殊勝であり、第四禅は、この四種類の中では最も殊勝である。

これらのジャーナに入る事が出来るのは、心力の所以である。

一人一人は、みなこの様な心力を擁している。

皆は、仏陀の教法の中において精進するべきである。

’Viriyayavato kināma kammam na sijjhati’

ーー「充分に強い決意と智慧でもって精進する事の出来る人は、何事も達成できないものはない。」

もし、皆がこの様に精進して修行するならば、何事も成就することができるのであり、皆、願に応じて四禅すべてを、証得することができるのである。

(5-133につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。http://bodaijyubunko.sakura.ne.jp/index.html

<中国語→日本語 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>