Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

『禅修指南』のパーリ語入力について(通りすがり様へ)

『禅修指南』ご愛読の皆様

通りすがり様

本日、『禅修指南』をご閲覧頂いている「通りすがり様」より、『禅修指南』の中のパーリ語の転記間違いについて、いくつか、ご指摘がありました(『禅修指南』2-1、2-7 コメント欄参照の事)。

お忙しい中、私の拙訳/訳文に関して、関心をお寄せ頂きまして、ありがとうございます。

『禅修指南』の翻訳では、当然のことながら、誤訳のない様に細心の注意を払っております。

ただ、パーリ語については、膨大な量の引用文があり、それを一つひとつ、キーボードを叩いて入力しておりますが、人的ミス、また私一人での作業の為、それなりに間違いがあるであろう事は、自認しております(余りに長いパーリ引用文で、一部、割愛したものもあります)。

つい最近、『禅修指南』(中国語版)には、PDFになったものが、WEB上で存在しており、WEB上で読める、という事を知りました。

私が訳出した『禅修指南』日本語版が、PDFに作り直されて、菩提樹文庫>で公開される時、その校正時には、中国語版PDFから、パーリ語をコピペすればよいのではないか、と考えます(中国語版がWEB上にあるのを知っていれば、最初からコピペが出来たのですが・・・)。

この件につき、今後、<菩提樹文庫>管理人様と相談の上、善処いたしたいと思います。

現行において、『禅修指南』日本語版のパーリ語の不備は、ご指摘頂ければお受けいたしますが、<菩提樹文庫>PDF版で、校正と訂正をし、完成させますので、よろしくお願いいたします。

  <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>