Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~とても目出度い

佐藤愛子氏に「(人生90歳)何が目出度い!」という

(怒りの?)著書があります。

私も今年、70歳になりまして、な~~んも目出度いものもない、寂しい毎日であります。

しか~~し!

今年は、3か月というスピードで、『禅修指南』を翻訳してしまい(その為、パーリ語に誤植多かったです・・・

^^;)、その著者であられます本雅難陀禅師

(Ven. U Puññānanda Sayadaw )

の訪日の話(来春)を纏め上げて・・・

今年いっぱいで、現行の「顕正法蔵」の翻訳が終わりに

できれば、私にとって、<0>のつく年は目出度いゾ、というジンクスが、生きる事になりますね。

そして、来年は71歳ながら、2020年で、<0>の年(こじつけ~笑)で、本雅難陀禅師が、実際に、日本に弘法においでになる・・・!!

とっても目出度い、と思います(90歳になれば、私も、佐藤愛子氏と同じ心境になるかも、デス)。

   <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>