Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~善は急げ(其の2)

本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda Sayadaw)の来春

訪日弘法について。

今年 2、3月に、本雅難陀尊者と台湾法雨道場でお会いしました折、尊者から

「日本のテーラワーダの皆様が、われわれ比丘の戒律違反がない様、日常生活と弘法活動において、充分に配慮頂けるならば、日本に行って、瞑想指導をしてもよい」

というお言葉を頂きました。

日本に帰りまして、即刻 4月より、準備を始めました。

まず、尊者の訪日・弘法を希望し、実際に、その為の、

具体的行動に移せる方を募りました所、九州では

私 Paññādhika Sayalay、東京では<有志の会>が、結成されました。

この二者でもって相談しながら、緬甸ヤーカイ功徳禅林においでの尊者と連絡を取り合い、大枠では、

来年、台湾のリトリートを終えた後、3月初旬に、台北より福岡入りされることで、合意がありました(3月7日福岡入国、大分、東京に10日間程滞在後、3月中旬、成田より出国)。

善は急げ、鉄は熱い内に打て・・・

尊者は、緬甸ヤーカイに功徳禅林を持ち、80名の弟子に

瞑想指導をする他、台湾、中国、マレーシア、アメリカ、カナダなど、世界中に弘法に出かけられ、大変にお忙しい方ですから、「日本に行ってもよい」とのお言葉を頂いてから、台湾より帰国後、即刻、志ある法友を募りました所、上記の如くに、日程を纏める事ができました事、東京有志の会の皆さまはじめ、お布施をご恵送頂いた方々、各種ご協力頂きましたすべての方々に、感謝申し上げます。

尚、フライト便の決定と、チケットの購入が、12月以降になるものと思われます。訪日・弘法活動の大枠は決定しましたが、最後の詰めは完成しておりませんので、ご理解の程お願いいたします。

(12月に、サヤドー、比丘従者、カピヤ、合計三名のエアー・チケット購入完了後、当ブログにて、ポスター形式で、法話・瞑想会の日程等を広報致しまして、これをもって正式の公示とさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。)

  <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>