Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」7-3(262/430)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

《中部・闡陀教誡經》(Majjhima Nikāya、Chunnovāda Sutta)

の註釈の中において、

「これは私のものではない;

これは私ではない;

これは私の私ではない」というのは、三相である、述べている;

故に、もし、あなたが11種類の色法を、無常・苦・無我として観照するのであるならば、まさに

「これは私のものではない;

これは私ではない;

これは私の私ではない」

観照している事になる。

この二種類の「三相」の解釈方法は、みな同じものである。

五比丘が仏陀の開示である《無我相經》を聴聞している時、彼らは、仏陀の教導の通りに修行する事ができ、その場で、過去、未来、現在、内在と外在、粗いと微細、劣等と殊勝、遠いと近いの色法を観照できただけでなく、また、入れ替わりつつ、この11種類の色法を、無常・苦・無我として観照することもできた。

彼らは、仏法を聴聞したその時、徹底的に、観禅の修行ができ、この三相を了知したのである。

同様の方法は、受、想、行、識にも適用することができる、というのも、仏陀は、以下の様に開示しているが故に:

「一切の受について・・・

一切の想について・・・

一切の行について・・・

一切の識について、過去であろうと、未来または現在であろうと、内在、外在、粗い、微細、劣等、殊勝、遠い、近いものであろうと、すべて、智慧でもてそれらを如実に

『これは私のものではない;

これは私ではない;

これは私の私ではない。』

という風に見做さなければならない。」

このことから分かる様に、五比丘は、仏陀の開示を聴聞したその時、その場で、11種類の五取蘊の三相を観照することができたのである。

皆さんに覚えておいて欲しい。

彼らは、過去の10万大劫以来、かつで、何度も、過去の諸仏の教化の時代において、この種の観禅を修行していたのである。これが、彼らが証悟できた一つの要素である。

もう一つの要素は、《転法輪経》を聴聞した後、彼らは11種類の五蘊を、無常・苦・無我として徹底的に了知することができた、ということである。

彼らは、五日間の間に、この三相を繰り返し観照した。

彼らの、阿羅漢果を証悟する観智が熟した時、仏陀は彼らのために《無我相經》を開示した。

その理由は、その時、もし、彼らが、再度、11種類の五蘊を無常・苦・無我として観照するならば、阿羅漢果を証悟することができたからである。

これが、仏陀が、彼らにこの經を開示した理由である。

仏陀は引き続き開示して言う:

「比丘たちよ。

この様な認識を具備した後、善学の聖弟子は、色に対して厭離し、受に対して厭離し、想に対して厭離し、行に対して厭離し、識に対して厭離する。

この様に厭離した後、彼は欲の染から遠く離れる。

欲染から遠く離れた後、彼は解脱を得る。

解脱を得た後、以下の様に智慧が生じる:

『私はすでに解脱を得た。』

彼は理解する:

『生已滅尽、梵行已立、

応作皆辦、不受後有』

(生はすでに滅尽し、梵行はすでに立ち、

なすべきことは無し終えて、後有を受けない)。」

聖弟子は11種類の五蘊に厭離を感じた、というのも、彼は明確に、五蘊の無常・苦・無我の本質を照見したのであるから。

世尊がこの様に開示した時、五比丘は、世尊の話に対して、欣悦と歓喜を感じた。

この經が語り終えられると、五比丘の心は諸漏より解脱し、執着を了無(=終了)させた。

 仏陀の開示を聴聞すると同時に、五比丘はその時、その場で、11種類の五蘊を無常・苦・無我として観照した。

彼らの観智が徐々に熟する時、彼らはサターガミ道智でもって、涅槃を了悟し、貪欲と瞋恨の力は、削がれ弱くなったのである。

その後、彼らは、アナーガミ道智でもって、涅槃を了悟し、徹底的に瞋恨と欲界の貪欲を断じ除いたのである。

最後に彼らは、阿羅漢道智でもって涅槃を了悟し、残りのすべての煩悩を、徹底的に断じ除いたのである。

たとえば、驕慢、愚痴(=愚かで無知な事)、掉挙、昏沈と睡眠などを。

一つひとつの道智は、みな、徹底的に残りの一切の煩悩を断じ除いた。

故に彼らは「諸漏からの解脱、執着の了無」ができたのである。

もし、阿羅漢果を証得したいのであれば、あなたもまたこの様に修行しなければならない。

実際には、どの様に修行するのか?

私は《泡沫比喩經》(Pheṇa-piṇḍūpama Sutta)を用いて、11種類の五取蘊を無常・苦・無我として観照する方法を解説したいと思う。

経文を聞いて頂きたい:

(7-4につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等ほぼ原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。http://bodaijubunko.sakura.ne.jp/index.html

<中国語→日本語 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>