Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」9-1(283/430)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

Ⅵ 皮帯(=革ベルト、皮の首輪、以下同様)束縛經(一)

(Gaddulabaddha Sutta 1)

《皮帯束縛經》は、二部存在している。この二部とも、我々は研究したいと思う。

第一部の《皮帯束縛經》の經文は、以下の様に始まる:

ある時、世尊が舎衛城に留まっていた。

その時、世尊は比丘たちに述べた:

「比丘たちよ。

生死輪廻の源は知ることができない。

生死輪廻の中において、何度となく流転する衆生の、その、無明によって覆われ、愛欲によって束縛される起点は、知る事が難しい。」

業力は、唯一、無明(avijjā)と愛欲(taṇhā)の支えの下、初めて結果を生じる;

もし、無明と愛欲がないならば、業力は、何等の果報も生じることができない。

故に、仏陀はこの經の中において、生死輪廻(saṁsāra)の主因は、無明と愛欲であると、教導して言う。

「無明」は、真実に男性、女性などが存在していると、誤って認識しることである。

仏陀の教えに基づけば、究極名色法(精神と物質)だけが存在しており、真実の弾性、女性などは存在しないのである。

もし、人が以下の様に思ったとする:

「この人は男性、女性、男児、女児・・・」

この種の錯覚は、無明である。

もし、系統的に四界分別観を修行するならば、名前を色聚と呼ぶ所の微粒子を見ることができる。

この種の色聚の微粒子を分析した後、合計28種類の色法(rūpa)を照見することができる。またこの他に、色法(物質現象)に依存して生起する所の名法(精神現象)も存在している。

こうしたことから、究極諦(勝義諦)に基づいて言えば、ただ名色法のみが存在しているのである。

恒常なる弾性、女性、男児、女児などは存在しておら、故に男性が、女性が、真実に存在していると思う事は、すなわち無明である。

無明の故に、これらの対象に執着する所の愛欲は、無明に依存して生起するのだと言える。

無明と愛欲の支援の下、熟した業力は、善または悪の果報を、結成することができる。

これが、なぜ仏陀が、当該の經の中において、以下の様にいうのか、という理由である:

「生死輪廻の中において、幾度となく流転する衆生は、無明に覆われ、愛欲に覆われて束縛される起点を知るのが難しい」

仏陀は続けて開示して言う:

「比丘たちよ。

茫洋たる大海には、涸れあがる時があり、水が一滴も存在しない時があるが、しかし、私は言うが、無明に覆われ、愛欲に束縛されて生死輪廻の中にいて、幾度となく流転する衆生、彼らの痛苦は尽きる時がない。」

仏教の道理に基づけば、世界は最後には、火、水、または風によって壊滅させられる、という。

仏陀は、当該の經の中において、世界が火によって壊滅する状況を描写している。

その時、益々多くの太陽が出現する。

通常、四悪道の衆生は、死亡すると、人間界または欲界天に生まれ変わる。

天空に五個の太陽が出現する時、茫洋たる大海は、涸れあがり、一滴の水もなくなってしまう。

その時、通常は、欲界の衆生は死亡してしまう;

彼らは死亡する前に修行の精進して、ジャーナに到達する。

ジャーナに依存するが故に、彼らは梵天界に生まれ変わる。

こうしたことから、仏陀は開示して、その時になってもなお、生死輪廻が終わることはない(+と言う)ーー

「しかし、私は言う。無明に覆われ、愛欲に束縛されて、幾度となく生死輪廻の中において流転する衆生、彼らの痛苦は、尽きる時がない」。

六個目の太陽が出現する時、山々の王ーー須弥山ーーもまた焼け、崩壊して、微塵も存在しなくなってしまう。

その時、無明と愛欲を基礎として、ジャーナの業力は、衆生をして、梵天界に生まれせしめ、もう一つ別の生命の流転が始まる。

故に、仏陀は以下の様に開示して言うする:

「しかし、私は言う。無明に覆われ、愛欲に束縛されて、幾度となく生死輪廻の中において流転する衆生、彼らの痛苦は、尽きる時がない」。

その後、仏陀は開示して言う:

「比丘たちよ。

広々とした大地は、焼かれ、破壊されて寸土も存在しなくなる。

しかし、私は言う。無明に覆われ、愛欲に束縛されて、幾度となく生死輪廻の中において流転する衆生、彼らの痛苦は、尽きる時がない」。

 七個目の太陽が出現する時、広々とした大地もまた焼かれ、崩壊して、寸土も存在しなくなってしまう。

その時、無明と愛欲を基礎として、ジャーナの業力は、衆生をして、梵天界に生まれせしめ、もう一つ別の生命の流転が始まる。

故に、仏陀は以下の様に開示して言う:

「しかし、私は言う。無明に覆われ、愛欲に束縛されて、幾度となく生死輪廻の中において流転する衆生、彼らの痛苦は、尽きる時がない」。

その後、仏陀は比喩でもって開示して言う:

「比丘たちよ。

 ちょうど皮のベルト(=首輪、以下同様)で束縛される犬が、硬い切り株または柱につながれる時、彼はただ、切り株の周りか、柱の周りをぐるぐると回るしか方法がない。

同様に、比丘たちよ。

法を聞いたことのない凡夫は、聖者に会ったことがなく、聖者の法(四聖諦)において、善くて巧みに調伏したことがない;

善士に会ったことがなく、善士の法において、善くて巧みに調伏したことがない;彼は思う:

1、色は私である、または

2、私は色である、または

3、色は私の中にある、または

4、私は色の中にある。

彼は受は我であると思い・・・彼は想を我であると思い・・・彼は行を我であると思い・・・彼は識を我であると思い・・・または我には識があると思うかまたは、識が我の中にあると思うか、または我が識の中にあると思う。

彼は色から色へ、受から受へ、想から想へ、行から行へ、識から識へ、常に走り回って、流転する。

彼が、その中において常に奔走し、流転する時、彼は色から離脱することができず、受から離脱することができず、想から離脱することができず、行から離脱することができず、識から離脱することができない。

私は言う。

彼は、生、老、死から解脱することができず、愁、悲、苦、憂、悩から解脱することができず、痛苦から解脱することができない。」

(9-2につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等ほぼ原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。http://bodaijubunko.sakura.ne.jp/index.html

<中国語→日本語 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>