Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~タイからの風

昨夜、タイの僧院で修行されている日本人比丘長老から、電話を頂きました。

開頭に、

「『常自覚』って中国語、パーリ語では何に相当するか?」

という質問を頂きまして、

「『サンパジャッニャ』ではないでしょうか?」

とお答えしました

私も、パーリ語は短期集中講座くらいしか受けていないので、思いつくのはこれくらい・・・間違っていたら済みません(今まで色々な仏教書を翻訳しましたけれど、この様な表現は初めて聞きました。アチャン・ブッダダーサの本にあったそうです)。

後、「れいわの山本太郎都知事選に出るだろうか?」

という、えらくホットなニュースが出て来て・・・タイの山奥でも話題になっているのでしょうか?

でも、一番の話題は、

「嫉妬という不善心所って何か?」

「それを克服、昇華するには、どの様に修行すればよいのか?」

というものでした。

大は、ヨーロッパ文明に対する嫉妬と劣等感から、小は、隣の家の秀才に対する嫉妬と劣等感・・・まぁ、己の内心にくすぶる劣等感とそれに付随して生起する嫉妬心、またはその裏返しとしての傲慢と高慢・・・、人はこういう負の感情から、なかなか自由になれない・・・でも、それって、大部分は、他者に対する根拠なき妄想、妄念ではないですか?

「突然ドンとやってくる頓悟もいいけれど、地味に地味に、地道に地道に修行して、サンパジャッニャ(明覚)が開けて来る漸悟も、得難いものですね」

という会話で、秋の夜長は更けていったのでした。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>