Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~善は急げ来年の計

f:id:wong0110:20151230032759j:plain


仏教書の翻訳も一段落、今夏、翻訳終結宣言をしましたので、それ以降

「おっ、これはいい仏教書だな」

と思うことはあっても、<翻訳作業>は封印しています、切りがないですから。

最近、いい本だと思ったのは

『教海覚舟』と

『諸仏所教導之真諦』

~The Truth Taught by All The Buddhas~

Bhikhu Revata 著。

それぞれ、英語版があれば、是非ご閲読を。

翻訳をしなくなった分、身体と時間が自由になりましたので、カレンダーとにらめっこしながら、【来年の計】を練ってみました。

長男一家のいるハノイに行きたい。

中国とタイに出来た、パオ分院(シーサンパンナとアユタヤ)に行きたい。

パオ森林僧院の一大国際瞑想センターになった、緬甸北部のメイミョウ(ピンウーリン)に行きたい。

Ven. U Puññānanda Sayādaw が住職を務める緬甸功徳禅林に行きたい。

功徳禅林は、早目に申し込みをしなければなりません。禅林には80名の修行者(ほぼ全員中国、台湾系外国人)がいて、クティ(寮)が空いていなければ、受け入れてもらえないのです。

とりあえず、

「2020年の雨安居に行きたいのだ!」

とメールしておきました。

思い立ったは吉日、善は急げです(12月21日追加・・・インドのダラムサラも、元気な内に行きたいですね)。

(1月下旬から2月にかけては、台湾法雨道場でリトリート参加です。指導はパオ・メイミョウ所属のシーラSayadaw。通訳はメイミョウで修行中の明徳尊者。)

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>