Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~入菩薩行論

下の写真は

『入菩薩行論』

寂天菩薩(シャンティデーワ)著

貢葛旺秋(gong ge wang qiu) リンポチェ 解説

張恵娟居士 訳

この仏教書も、台湾で出版されたもので、昨日紹介しました『摂阿毘達摩議論表解』と同じ大きさの大型本。もちろん、無料で配布されたものです。

f:id:wong0110:20160703233122j:plain

菩薩行は、大乗の占有ではなく、テーラワーダ南伝仏教)にも、南伝菩薩道論があります。大乗菩薩行は、より古い南伝菩薩道を下敷きに、時代に対応する様、手を加えたものと思われます。

どちらにせよ、菩薩道を歩みたい者は、菩薩行(道)論を学び、実践する事になります。パオ・セヤドーによると、菩薩行は大変な辛苦を伴い、どの様な困難にも耐えうる決意が必要なのだそうです。

強い意志と勇気、徹底的に利他に生きんとする者、我と思わん者は、是非。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>