Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~お布施ご報告

Kさま、お布施届きました。

3月に開催されます U Puññānanda Sayādaw の法話会を始め、今後のダンマの活動に、活用させて頂きます。

私が毎日の水中運動で出会う友人に、Aさんがいます。

Aさんはよく「自分が檀家として属しているお寺の若い住職さんが、説法が出来なくて困る」とぼやきます。

私たちはなぜ生まれて来て、なぜここにいるのでしょうか?

自分はどこから来て、どこへ行くのでしょうか?

世界はありのままに、目でみた通りに、脳で考えた通りに、存在しているのでしょうか?

ゴータマ仏陀の教えた<無常・苦・無我>とは何でしょうか?

これらの大疑団を、お寺に生まれたからという理由でお寺を継いだ若い人が、佛教大学に進学したら解決できた、などとはとても思えません。

水中運動で出会う老人たちも話題は

「寿命を延ばすにはどうしたらいいか」ばかりで、

「長生きしたとして、一体、己の中の何がどうなるのか?」

という【そもそも論(業や往生の問題)】を話す人は皆無です(もっとも、こういう事に関心を持つと『厨二病』と言われる為、日本では、大人の話題として、相応しくないのかも知れません。)

野山を削り、工業を発展させて、結果、経済は高度に成長し、生活は楽になり便利にもなりましたが、己への<大疑団>を持たない人間には、<存在の本質>を解き明かすチャンスは到来しない、という事が明白になった昨今です。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>