Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~信じる者は騙される

先日、水中運動を終えて雑談していましたら、運動仲間の、男性の方が一名、チラチラこちらを見ながら

「信じる者は救われるんだよねぇ」

と皮肉っぽく言います。

どうやら、キリスト教の教えと、ゴータマ仏陀の教えを混同して、無神論者の立場から、私を批判している様なのです(私は頭が丸坊主で、緬甸で出家した事を、彼は知っています)。

また、<COVID‐19(武漢肺炎)>の為に、週一回の水中運動教室が今後、3月、4月(or5月?)までお休みになる事を受けて、指導者が

「体操していれば健康になると信じて、一人一人、各々

個人で頑張って下さい。」

そして、判で押した様に

「宗教みたいだけど」。

キリスト教はいざ知らず、ゴータマ仏陀の仏教は

「偉い人の教えであっても、古くから伝わる教えであったも、安易に信じない」

「己自身の修行によって実証せよ」

がモットウなんだけど・・・

まぁ、抗議するのも大人げないので、その場ではだまっていましたけれど。

私の手元に、台湾の法雨道場出版の『摂阿毘達摩義論表解』の簡易版があります。

一頁目は:

【89心(121心)明細表】

心はその性質によって89(121)種類に分類する事が出来る・・・という訳ですが・・・これ、別に信じる必要はないのです。信じるのはなくて、観(vipassanā)瞑想で確認するのです(信じても、何の役にも立たないのです)。

信じる者は騙される・・・これ、ゴータマ仏陀原始仏教の教え。

明日より、『摂阿毘達摩義論表解』(簡易版)の一部を写真に撮って、そのままブログに載せて、ご覧いただきましょう(PCの入れ替えなどもあり、ボツボツやります)。

翻訳はしません、悪しからず。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>