Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

老婆の独り言~アンクルウォーター

 写真のバラは<アンクルウォーター>。蔓バラ。

咲切ると、花の直径は、10cm~12cmくらいになります。

大輪ですね。

f:id:wong0110:20161127004736j:plain


赤、剣弁高芯とくれば、私、70代のお婆さんにとっては、典型的なイメージのバラ?

私が小さい頃の<バラ>のイメージと言えば、花弁が赤く、剣弁高芯、一季性立木型(で、お金持ちさんチのお庭に一株だけ咲いていたりして、セレブ感マックス~笑)。

今は、色々なバラが作出されて百花繚乱・・・似たり寄ったりのもあり、名前が覚えられない。

育苗家にとって、新しい品種の作出は一攫千金の夢、素人バラ栽培家は、他人と被らない珍しい品種、安価だと尚良し、な~~んて下司な下心でカタログを見ていると、目が回る(笑)。

濃い色の、ボッテリしたカップ咲きを育ててみれば、今度は一重の楚々とした白に目移りがしたりして・・・(我が精舎では、小鳥が種を運んで来たのか、野バラが3、4株勝手に生えて、素朴な白い花を咲かせています)。

趣味にどこまでお金をかけるか・・・お財布を痛めないため、好きなバラは、挿し木で増やしたいと思いますが、これがなかなか。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>