Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

老婆の独り言~おフランスのバラ

(1)朝起きぬけに庭に出て、《おフランスのバラ》を二種類、切って、花瓶に活けました。

読者の皆様にご紹介しようと思いましたが、ところがどっこい、なぜかカメラが不調で、チップをセットしても、PCには影も形も写りません。

諦めて、オレンジ色のバラ(名称不明、去年撮影)の写真を載せます・・・

紹介したかった《おフランスのバラ》、

ピエール何々、

ビアンニュ何々

と、舌を噛むような名前で、何度繰り返しても覚えられません。

ピエール君は、芯が濃いピンク、外側の花弁は薄いピンクのカップ咲き、ビアンニュちゃんは、濃いピンクの、花弁多重ギザギザタイプ、ボッテリカップ咲き。

豪華絢爛、おフランス文化の結晶?

フランス行ったことないので、分かりませんけど(笑)。

精舎の庭のバラの紹介は、この辺で打ち止めです。

まだまだ、<羽衣>など、日本が作出した蔓バラもあるのですが、だんだん似たり寄ったりになってきますし・・・バラに興味の無い方には、どんどん、単なる【サヤレーの自慢話】になってしまいそうですし。

(2)禅病は、ヒーラー先生から

『峠を越した様だ』

との判定を頂きました。

後は、タマネギの皮(それも薄皮!)をむくように、ゆっくり<日にち薬>で治すより方法はなさそうです。

<気が見える(=気を感じる)>というのは、気功師orヒーラーになりたいと、メソッドに従って、自発的に修行しているヒーラー系の修行者ではない私にとって、気持ちのよいものではありませんが、頭に昇った<気>を、下丹田に降ろしていく修行は、身・心の浄化にもなり、それはそれで、受け入れる価値はありそうです。

(3)この度のコロナ禍を機に、皆様の世界観、価値観に変化がありましたでしょうか?

SARSHIVも、今回のコロナも、人間が森林の奥へ奥へと開拓していった結果、野生動物が持っていたウィルスが、人間に取りつく様になった新しい病理、との説明をIT上で読みましたが、やはり、

<貪・瞋・痴をこそ問う>

時がやってきたのかもしれません。

<マッチョな資本主義>は終わりにして、新しい価値観で、平和で心豊かな社会が築けます様に。

f:id:wong0110:19800101000202j:plain

特に急ぎの話題が無い時は、ブログは、週一くらいで更新します。よろしくお願いいたします。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>