Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

老婆の独り言~自我の終焉

先日、水中運動を終えて、露天風呂で一服していた時、

顔見知りのおばさんが寄ってきて、

「私は我が強いから・・・直さなくてはねぇ」

と言います。

多分、私が坊主頭で、どこだかのお寺の尼僧である事を知っていて、僧侶の喜びそうな話題を提供してくれたのだと思いますが・・・。

我が強い、それを矯正する・・・ってどういう事なのか、私にはよく分からない所があります。

気が強い、頑固、出しゃばり、そんな性格は、人に恨みを買い易いので、少し大人しくした方がよい、という意味合いでしょうか?

仏教は、この様な仕方で自己否定を誘導する教えではない、と私は思っています。

心の働きの本質から言えば、他者との調和の為に我をひっこめればよい、という事ではなく(日本の同調圧力の強さと言ったら!)、心は、無常・苦・無我(または因縁生起、すなわち縁起)であるが故に、(その事に気が付いた者の)【自我は終焉する】のだと、私は思うのです。

若い頃、クリシュナムルティの『自我の終焉』という本の背表紙を見た時、私の心は、その題名だけでノックアウトされましたけれど(題名だけでノックアウトされた本はもう一冊、『不確定性の時代』)、新型コロナの為、海外にあるパオ系僧院へ修行に出られない今、クリシュナムルティをもう一度読んでみたいと思っています・・・若い頃の私には、クリシュナムルティは難しすぎましたので、要再読、要復習、という訳です。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>