Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

禅病を超えて

長年の修行の偏差、片寄り(身体上の、7つのチャクラの開き方が不均衡なまま、安般念を修行し続けたのが主な原因)から、禅病を発症したのが、今年の3月上旬でした。

実は私の禅病は、20年前からすでに発症していたのです・・・

20年前、緬甸の森林寺院で修行していた時、座禅・瞑想して、意識が一点に集中すると、決まって顔面(頬)が痛い、頭痛がする、などの症状がありましたが、

『これは禅病だ、気功師かヒーラーを見つけて、治療しなければならない』

と、明確に自覚したのが今年の3月上旬です。

本日7月4日で、発症より、ほぼ4か月が経ちました。

経過をご報告いたします。

最初(3月下旬頃)は、我が精舎から車で20分ほどの所にお住いの、インドで修行されたヒーラー先生(男性)を頼り、頭に昇った<(邪)気>のせいで、不安感と不快感がマックスになるたびに 《手当て》 をして頂いて、何とか急場を凌ぎました。

この間、

『この病気は難病で、罹患した人の多くが絶望の為、自死している』

と、ヒーラーのHさん(女性)に言われましたが、私の体験では、禅病は、必要以上に自分の<気>が見えて(=感じ取って)、また、それをコントロールする方法が分からない為、不安と不快感で絶望する事はありますが、

(邪)気が引き起す禅病自体は、死を導く事は決してありません。根気よく意守丹田して、<(邪)気>を下丹田に降ろして行けば、やがて快癒します。

特殊な場所に癌を発症した患者に

『あなたの癌は特殊ですから、生存率0%です。

この癌の場合、自殺する人も多いです』

などと、余命宣告はともかく、上記の様な事は、医師が決して言ってはならないのと同じ様に、禅病は治らない、自死する人も多い、などとヒーラーは決して言ってはなりませんし、事実に反します。

なお、私の様な単純なタイプの禅病で、よいヒーラーに出会えないときは、整体・整骨院などで、電気的治療をして頂いても、相当効果があります・・・あくまで、私の場合ですが、整骨院で電気的治療を受けた場合、頭部に溜まった<(邪)気>が、相当量、電気的刺激によって、下丹田に流れて行くのを感じる事ができます。

世の中に、私の様な不思議な禅病に罹患する人はごく稀でしょうが、万一罹患した時、相談できる環境がない場合が多いと思いますので、老婆心にて、上記、ブログに記しておきました。ご参考下さい。(尚、<気>の流れを正常に戻すのに、温泉(源泉の地熱)なども有効である事を、申し添えておきます)。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>