Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

老婆の独り言~豪雨の後で

今朝、空が晴れたので庭に出てみました(豪雨の後、今日で何日目になるか、まさかこんなに降るとは思わず、豪雨の始まりの日を覚えていない)。

庭は、雑草の天下になっていました。

手当たり次第に、雑草を抜いてみるけれど、湿気で汗だくになることもあり、早早に退散・・・(持久力0)。

沢山植えてあるバラの内、<白雪姫>がたくさんシュートを出して、箒状に花を咲かせていたので、剪定する。

アウグスタは、一輪だけ咲いていて、これは私の好きな杏色なので、切って花瓶に飾る。

他のバラで、花が咲き切って、雨で汚れているものは切り落とす。

グラジオラスは、他家で咲いているのに、我が精舎ではなかなか咲かないのを苦にしていたら、豪雨の中で次々と咲いて、次々と倒れていたので、全部切り取って、仏壇に飾る。

トマトは雨の為、実が割れていて、全部切り取る。キュウリの実は雑草に埋もれて、探すのがおっくう(トマト、きゅうりなどは、隣家の畑で貰えるので、自分の畑の分は執着しない)。

隣りの湯平温泉では行方不明者が出て、また土砂崩れの為、陸の孤島になっている。知人がいるので心配。

これからは、新型コロナとも、異常気象とも、なんとか折り合って生きていかねばりません。

知恵(智慧)がいります。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>