Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~仏教と科学(色聚と素粒子)

先日、私のブログで、ゴータマ仏陀の教え(アビダンマ)に出てくる所の、テーラワーダ仏教徒・・・パオ森林僧院に属する者は、その願望が特に強いと思われますが・・・座禅・瞑想を通して、心眼で観じたいと願っている所の

<色聚(ルーパ・カラーパ)>

は、現代物理学で言えば、素粒子の事である、または、

素粒子の様なものである、と書きました。

素粒子である》と断定的に書くと、

「お前は実際に観じたのか?」

とツッコミが入りそうなので、

素粒子など(の様なもの)>、

と、(含みを持たせて)書いておいたのですが、やはり、疑問に思う賢兄、賢姉の読者はいて、

「本当にそうなのか?」

という、鋭いご質問を頂きました。

私が、パオ・セヤドーの著書を翻訳していた時(20年前)、著書の中に出てくる<色聚>という言葉に関して

[細胞より小さく、素粒子より大きい物質]

という<注>を書いたのを覚えています。

パオ出身の修行者で、

「色聚は<クォーク>である」

と言う人もいます。

素粒子自体、いまだ全容を分かっていない訳ですから、

<色聚=100%素粒子と同じ>とするのは、少々強引すぎるきらいがあるのは事実でありまして、現時点では、色聚は、

【細胞より小さく、素粒子より大きいか、または素粒子に近似の、極微の物質】

としておくのが、無難かと思います

・・・ゴータマ仏陀は、色聚に、8種類の性質(地、水、火、風、色彩、匂い、味と栄養素)を言う事は、前回のブログにも書きましたが、それが、素粒子の性質と、どの様に対応し、どの様に比定する事が出来るのか(またはできないか)は、今後、素粒子物理学者と仏教者の共同研究が必要かも知れません。

この事は、ダライ・ラマ猊下も、関心を寄せられている様で、著書

ダライ・ラマ 科学への旅 原子の中の宇宙』

『宇宙のダルマ』

という好著がございますので、賢兄、賢姉の皆さま、

是非、ご参考下さい。

  <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>