Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~里庭

今朝起きてみますと、とても涼しくて、隣町に電動自転車の試乗に行く前、庭の整理、雑草抜きに精を出しました(これから庭に木道を敷設したいので、その下準備)。

80坪ほどの庭ですが、これまで(9年間)、花屋さんの店先で見つけた苗、後先考えずに購入して、後先考えずに、庭の空いた所に、次から次へと植えていったので、庭のデザインがメチャクチャ・・・。

私、現在71歳、これから先、何年生きられるか分からないけれど、庭をこのままにして死にたくないなぁ、と思い始めて、ガーデニングの本を何冊か読んでみました。

その中で、柳生博さんの雑木林に対するポリシーに共感しました。

が、まさか、彼の真似をして、これから雑木林を育てる、という訳にも行かず・・・そんな中で、神保夫妻の<里庭>の考え方が、大変参考になりました。

柳生さんが言うには、外来種の花木は植えない、どうしても植えたいならば、それは鉢の中だけにして、地面に植えて増やすのは、その土地に前から生えいていたものの中から選抜するのがよい・・・。

私も、これ以上、あれやこれやの園芸種を買ってくるのではなくて、まずは、自分の庭にすでにあるものを大事に育てる事・・・これをやってみようかと思います(とはいえ、野放図に生えて来たものを、全部生かす事はできず、環境保全や、自分の好みに基づいて、取捨選択はせねばならず、何を残し、何を抜き捨てるかが、なかなか難しい・・・大げさに言えば、何を捨てるか、何を捨てないかは、己の人生観が反映しているのですから)。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>