Sayalay's Dhamma book

仏教書の翻訳は2019年夏をもちまして一旦終了しましたが、2020年発生しましたコロナ禍により、修行者独習に供する為、『親知実見』を翻訳しています。過去に訳出した23冊は<菩提樹文庫>にて閲覧できます。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

翻訳『親知実見』#27-2

初心者は、強くて力のある五根を育成する様チャレンジするべきである:

彼らの、入出息念への信念は、充分に強くあるべきであり、呼吸を明晰に覚知する為の努力は、充分に強くあるべきであり、呼吸への専念は、充分に強くあるべきであり、呼吸への専注もまた強くあるべきであって、(それらを通して)呼吸を明晰に了知する必要がある。

彼らは、五根が強くなる様にチャレンジするべきであり、また同時にそれらがバランスする様にチャレンジするべきである。

もし、ある一つの根だけが強すぎる時、その他の、諸々の根は適切に運用ができなくなる。

例えば:もし、信が強すぎる時、(心が)感動、感激するが、この事は、精進根をして、相応する名法を呼吸において、維持せしめることができなくなる事を意味する;

念は、呼吸において建立する事ができず;

定根もまた同様であり、深く呼吸に専注する事が出来ないし;

慧もまた、明晰に呼吸を覚知することができない。

<翻訳文責:緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>