Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-16)(私家版)

もし、盗み心でもって、他人に属する所の、どの様な物品であっても、それを持ち去ったならば、破戒は即刻成立するのであって、たとえそれを返還したとしても、破戒の事実は変更できない。 盗み心でもって、その物品を元の位置から移動させたならば、彼は偸盗…

般若の独り言~老僧の夏

2、3か月前、虫歯の治療をした後、なんだか食欲がありません。 若い頃に親不知を四本抜きましたが(歯医者さんに <顎が小さいので抜いた方がよい> といわれて)、残りの歯は、(虫歯の治療をしながら)全部揃っています。 それなのに、何を食べても上手に…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-15)(私家版)

以下の場合、不犯である。 たとえ、盗みたいという心を持って、持ち主が捨てたものを取ったとしても、物品に所有者が存在しない時、不犯; 物品を手に取った時、これは、もともとは、己自身のものであったと思うか、または、この物品に所有者がいないと思っ…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-14)(私家版)

二、離不与取学処(adinnādānā veramaṇī) 盗むという動機の下、他人に属する所の、どの様な物であって、所有者の許可を得ないままに、それを己自身で取るか、または他人を唆して取るのを、不与取と言う。 以下のいつつの条件を満たした場合、不与取となる:…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-27)(私家版)

18-19 身正直性(kāyujjukatā)と 心正直性(cittujjukatā) この二種類の正直性の、各々の特徴は、心所と心の正直性である。 作用は、心所と心の欺瞞性の打破。 現起(現象)は心所と心が、狡猾でない事。 近因は、心所と心。 それらは、心所と心の不正直に…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-26)(私家版)

16-17 身練達性(kāya-paguññatā)と 心練達性(citta-paguññatā) この二種類の練達性のそれぞれの特徴は、心所と心が、健全である事。作用は、心所と心の病疾を取り除く事。 信心(=仏法への確信・信頼)がない時、心は病気になりやすく、仏法を聞きたいと…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-25)(私家版) 

14-15 身適業性(kāya-kammaññatā)と 心適業性(citta-kammaññatā) この二種類の適業性の、それぞれの特徴は、心所と心の不適業性、すなわち、心が操作しにくいという(問題)を取り除くものである。 作用は、心と心所の不適業性の打破。 現起(現象)は、…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-24)(私家版)

12-13 身柔軟性(kāya-mudutā)と 心柔軟性(citta-mudutā) この二種類の柔軟(性)のそれぞれの特徴は、心と心所の硬直性を取り除く事。 ひとたび、邪見または我慢(我有りという傲慢心・以下同様)が生起すると、心全体は硬直してしまう。 私の叔母が以下…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-23)(私家版)

10-11 身軽快性(kāya-lahutā)と 心軽快性(citta-lahutā) この二種類の軽快性のそれぞれの特徴は、心と心所の沈重い(暗く沈む事)を除去する事。 禅修行を実践する時、もし、心が沈重であると感じるならば、それは必ず昏沈(が原因)である。 昏沈の時、…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-22)(私家版)

8-9 身軽安(kāyapassaddhi)と 心軽安(citta-passaddhi) 身軽安は、相応する心所の事を指す。色法ではない。それは、相応する所の心所の軽安を言うのである; 心軽安は、心王の軽安を言う。 禅修行の時、もし、掉挙、悪作、後悔が出現したならば、(心・…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-21)(私家版)

7、中捨性(tatramajjhattatā) 心の平衡、バランスを言う。 受蘊の中の「捨受」ではない。 中捨性の特徴は、心と心所を、バランスする事。 作用は、(心・心所の)過多または不足(の状態)を防止する、または偏向を除去する事。 現起(現象)は、心と心所…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-20)(私家版)

6、無瞋(adosa) 無瞋には、慈愛が含まれる。特徴は粗野でない事、または対抗しない事。まさに、友好的な善き友の様に、目標に対して、粗野でない事。 作用は、怨恨の排除または怒りの火の除去。 たとえば、誰かに対して怒った時、あなたは念(思い)を一転…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-19)(私家版)

5、無貪(alobha) 特徴は、心が貪欲に欲求しない事、または目標に執着しない事。ちょうど、水滴が、蓮の葉に粘着しないが如くに。水滴は、一瞬蓮の葉の上に乗っても、即刻、葉から、すべり落ちる。まったく執着、執取する事が無い。 これが、不貪の特徴であ…

般若の独り言~やはり野に置け

今朝、えびす丸の散歩の途中、里道に <ほたる袋> が咲いていましたので、一茎摘んできました。 一茎で、12輪も花がついています(未開花の極小蕾も含む)。 野の花を、つい摘んで、精舎に持って帰ってしまうのは、やはり《所有欲》のせいですね。 高度成長…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-13)(私家版)

棍棒や武器でもって、攻撃する以外に、多くの殺生の方法がある: 落とし穴を掘る、罠を仕掛ける、 毒薬、呪術、脅し、相互に戦わせる、 自殺を唆す、堕胎薬を提供する、 自殺願望者の傍に毒薬を置いて自殺を誘因する、 拳銃を自殺願望者の傍において、自殺を…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-12)(私家版)

殺したいという心をもって、色々と実行したものの、動物が死亡しなかった場合、不犯。 殺したいという心をもって、動物に打撃を与えた所(すぐには死なないで)、その動物が、それが原因で、何年か後に死亡した場合、打撃を与えた時点からすでに、破戒が成立…

般若の独り言~地獄への道

西洋のことわざに <地獄への道は、善意で舗装されている> というのがあるそうです。 以下、私の反省。 私は最近鋭意、精舎の整理整頓、断捨離をしていて、その一環として、古布を1cm幅のリボン状に裂いて、裂き織のマットを作っていることは、何度かお話し…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-11)(私家版)

土を掘っている等の状況の下、そこに動物がいる事を知らないでいた、また、殺すつもりはなかった時、すなわち、不犯; 動物をそこから去らせるために、驚かしたもので、動物を殺そうとは思っていないながら、しかし、その攻撃によって、誤って動物が死亡した…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-10)(私家版)

以下の状況下では、不犯である: たとえ、殺したいという心が存したとしても、殺した対象が、(息をしている所の)生命ではない時、不犯である。道を歩いていて、誤って、昆虫を踏んで殺した、または(車の運転をしていて)動物を轢いてしまった時、他のもの…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-9)(私家版)

以下の五か条を具足する(満たす)ならば、殺生が成立する: 1、生命である事 2、それが生命であると知っている事 3、殺すという心が存する事 4、実施する事 5、それが殺されて、(実際に)死ぬこと。 (19-10につづく) <願以此法布施功徳、早日証得涅…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-8)(私家版)

如来は、サーマネラの10戒を制定した。 詳細は以下の通り: 一、殺生を離れる学処(pāṇātipātā veramaṇī) 殺生を離れる学処とは、すなわち、殺生をしない、殺生を除く、という戒条であり、己自身が、謀り事をし、生命を殺害する事、及び己自身が計画し、他…

禅病と任脈

私のブログ《Sayalay's Dhamma book》を、 iphoneで開いて、画面最下部を見ますと、 《注目記事》という項目があります。 ここに、理由はよく分かりませんが、 2020年7月4日UPの【禅病を超えて】という、 私の禅病闘病記が、いつもいつも、一番トップにきて…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-7)(私家版)

非時の食事を離れる(午後に食事をしない); 歌舞、歌唱、音楽、演劇を見たり聞いたりする事から離れる; 装飾(着飾る)事、おしゃれの因となる花飾りを冠り、香水をつける、お香を塗るなどを離れる; 高くて、大きいベッドから離れる; 金銀(金銭)の授…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-6)(私家版)

”比丘たちよ。 私は、サーマネラに10種類の学処を許す。 サーマネラは、これらを学ばなければならない: 殺生を離れる事; 与えられないものを取らない事から離れる(偸盗しない); 非梵行を離れる(梵行でない行為から離れる); 虚言妄語を離れる(嘘をつ…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-5)(私家版)

mālāgandha-vilepana-dhāraṇa-maṇḍana- vibhūsanaṭṭhāna veramaṇi uccāsayana-mahāsayanā veramaṇī jāta-rūpa-rajata-paṭiggahaṇā veramaṇī Anujānāmi bhikkhave、 sāmaṇerānaṃ imāni dasa sikkhāpadāni、 imesu ca sāmaṇerehi sikkhitun'ti .”” (19-6につ…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-4)(私家版)

surā-meraya-majja-pamādaṭṭhānā veramaṇī vikālabhojanā veramaṇī nacca-gīta-vādita-visūka-dassanā veramaṇī (つづく)

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-3)(私家版)

”Anujānāmi、bhikkhave、 sāmaṇerānaṃ dasa sikkhāpadāni、 tesu ca sāmaṇerehi sikkhituṃ. pāṇātipatā veramaṇī adinnādānā veramaṇī abrahmacariyā veramaṇī musāvādā veramaṇī つづく ”

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-2)(私家版)

《律之瓔珞疏(Vinayālaṅkāra-ṭīkā)》は以下の様に言う: ”Sukka vissaṭṭhi ādi lokavajja sikkhāpadesu ca sāmaṇerahi vattitabbaṃ” ”故意に、出精(注0)するなどの、世間的罪学処においては、サーマネラもまた、これを実行しなければならない。” これに…

般若の独り言~初めての電動草刈り機

先日、注文してあった<充電式電動草刈り機>が、宅配便で届きました。 さっそく、取説を見ながら組み立てます。 一人暮らしをして11年。 色々な器械、道具を一人で組み立てる様になって、何度も失敗しながら、最近、ようやく、少々、こつが分かってきました…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-1)(私家版)

サーマネラ(注1)十戒 サーマネラの戒律は、 10戒、 10種類の滅擯事(pārājika)、 10種類の処罰事(dasa daṇḍakammavatthu)、 75の衆学法(sekkhiyā) と幾つかの義務によって構成されている。 注1=パーリ語表記は、sāmaṇera。 (19-2につづく) <願以此…