Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

翻訳『親知実見』#8-11

色法所縁が相応する色法根門を衝撃する時、それらは、時を同じくして、意門(有分)<注24>をもまた、衝撃するーーすべての、その他の所縁は意門を衝撃するのである。

意門をのみ衝撃する所縁は、非名色、非世間的所縁を含む。故に、合計六種類の所縁がある事になる;

1)色所縁(rūparammaṇa)

2)声(音)所縁(saddārammmaṇa)

3)香所縁(gandhārammaṇa)

4)味所縁(rasārammaṇa)

5)触所縁(phoṭṭabbārammaṇa)

6)法所縁(dhammārammaṇa)

法所縁は、前の五種類の色法所縁を除いた所の、一切の所縁;世間においては、唯一、心意によってのみ、識知される所縁しか存在しない。

法所縁は六種類に分類することができる。

1)眼浄色、耳浄色、鼻浄色、舌浄色と身浄色である。それらは粗色(oḷārikarūpa)に属する<注25>

2)16種類の細色(sukumārūpa)<注25>(ママ)

3)89種類の心(citta)<注26>

4)52心所(cetasika)<注27>

5)涅槃界、すなわち無為界(Asaṅkhatadhātu)

6)無数の概念(paññatti):たとえば、呼吸の概念、遍所縁、究極法の名称等。概念を離れて、我々はコミュニーケーションがほぼ不可能である。

<翻訳文責:緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>