Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

翻訳『親知実見』Knowing and Seeing #16-5

しかし、あなたの禅相がどの様な形状、どの様な色彩であっても、あなたの入出息の想がどの様なものであっても、重要な事は、禅相を弄んではならない、という事である。

それが消失する様な事をしてはならない。

また、故意にその形状や外観を変えたりしてはならない。

もし、その様にするならば、あなたの定力は更に向上する事は望めないし、停滞してしまうであろうし、禅相は消失するかもしれない。

故に、禅相が出現し始めた頃、心を息から禅相に向けて転向してはならない、もし、その様にするならば、禅相は消失してしまうであろう。

もし、あなたが、禅相がすでに安定していて、かつ、心は自動的に禅相に固定されるのを発見したならば、その時、心をして、禅相に専注せしめる。

もし、あなたが、心を禅相に無理矢理に移転するならば、あなたの定力は退失するであろう。<注94>

<翻訳文責:緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>