Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(2-1)(私家版)

P22

《アビダンマ論》概論

《アビダンマ論》を学習する目的

我々は、これより 《アビダンマ論》 の意義を講評する。

《アビダンマ論》 のパーリ語は 「Abhidhamma」 であり、二つの字から成っている:

「abhi」は、上等の、殊勝な、卓越した、と言う意味であり

「dhamma」は法、究極的な真実に関する教法(という意味である)。

故に、 《アビダンマ論》 は、上等の法、殊勝な法、または上等の究極法、と言う事になる。

偉大な論師覚音尊者は、以下の様に言う:

「《アビダンマ論》 は、経蔵の法よりも、はるかに勝っている。」

覚音尊者の解釈を通して、《アビダンマ論》 の法が、どれほど卓越しているのかを、知る事ができる。

(2-2につづく)

★句読点は中国語原文を優先尊重。

    <願以此功徳、早日証得涅槃楽>

    <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/

     Paññādhika Sayalay 般若精舎>