Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(3-80)(私家版)

善心の受には、二種類ある:

悦具と捨具である。

8大善心の中の四個は、智と相応する(心で)、四個は、智とは不相応(の心)である。

智と相応する心には、三種類の因が存在するーー

すなわち、無貪・無瞋・無痴である。

8大善心の一つ目は、悦具智相応無行一心である。

智と相応する所の「智」とはすなわち、52個の心所の中の慧根の事である。

智慧には、色々なレベルのものがあるが、8大善心の中の「智」は、

因果を知っている、

善と悪を知っている、

無常・苦・無我を知っている、

ということを主としている

観智(観禅)を実践している時、例えば音声が聞こえたとして、あなたが音声の無常・苦・無我を観じれば・・・あなたには、

悦具智相応無行一心 が生じる。

苦受が生起する時に、あなたが無常・苦・無我を観ずるならば、同様に、

悦具智相応無行一心 が生じる。

故に、この智慧は、また、無常・苦・無我の了知を主とする。

そして、これは、8大善心の中の智慧である、と言える。(3-81につづく)

<願以此功徳、早日証得涅槃楽>