Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(3-142)(私家版)

15個の色界心と12個の無色界心全体は、総称して「広大心」(mahaggatacitta)と呼ぶ。

すなわち、殊勝であり、優越しており、高尚なる心である事を意味する。

というのも、それらは已に、諸々の蓋を離れているからであるが、それはすなわち、五蓋を離れている事であり、清浄で、昇華されたもので、広大なる心境である。

一次的に煩悩を征服しており、故に、清浄である、と言う;

已に欲楽を離れている為、故に、昇華と言う;

広大なる心境とはすなわち、それが取る所縁、例えば慈心禅、慈心は、10方の宇宙に拡散するものであるから、その心は、広大なものである。

また、例えば地遍は、心は、地遍全体を10方の世界に拡大し、結果、全世界はみな地遍となる。

こういう事から、心とは非常に広大なものとなるのである。

(3- 143 につづく)

<願以此法布施功徳、早日証得涅槃楽>