Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(3-153)(私家版)

(3)慙:悪い行いに対して、慙愧と恥をしる事。

(4)愧:悪い行いに対して、恐れを感じる事。

悪い行いが齎す果報に対して、恐れを感じるが故に、悪業をなさない事。

(5)多聞:多聞とは、ただ多くを聞く、という事ではない。

(法を)多く聞く事と、修行する事を、同時に具備する事。修行には、観智の智慧が含まれる。

(6)気概:ソータパナ道果を証得した人は、決して吝嗇にはならず、気持ちよく布施する。

仏陀の時代、布施者第一の女性は、名をVisakhaと言い、ソータパナであった。彼女は、布施に対してはおおらかで、任意に布施した。

給孤独長者(Anathapindika)もまたソータパナであって、同じく、おおらかに布施した。

彼は金でもって、祇園精舎の敷地全体を、敷き詰めたのである。

彼女、彼らの、布施行為のおおらかさは、独特のものであって、これはソータパナの特質である。

(7)智慧:四聖諦を徹底的に知る智慧。ソータパナ聖者のみ、真正に、四聖諦を理解する事ができる。

(3-154につづく)

<願以此法布施功徳、早日証得涅槃楽>