Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(9-7)(私家版)

一人の、道徳的に不健康な人間の、その信心が非常に強い時、僧侶としての人格を維持する事は出来る。

しかし、信心が減退するか、または消失した時、彼の邪悪な本性は、表面に顕現し始める;

この様な人間は、剃髪得度した後、老師と修行仲間を傷つけ、物品を損壊し、あまつさえ、己の寺院に放火したりする。

まさに、大迦葉尊者の弟子の様に。

輪廻から解脱したいと思い、涅槃を証悟する事を目的として、出家した者の中で、唯一、忍耐が出来、和合し、人々に平等に接し、常に慈悲心を持ち、かつ、虚心に、老師の意見を受け入れることができ、老師に完全に依止し、誠実で、徳を具備した人だけが、剃髪得度する事ができる。

この様な人だけが、仏陀の教法の中において、己自身を高める事ができる。

彼らは、仏陀の教法を発揚する事ができる人々である。(10-1につづく)

<願以此法布施功徳、早日証得涅槃楽>