Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

今生安楽・来世安楽

松原千明さんがハワイで亡くなったそうです。私は芸能界の出来事に疎いので、前後の事はよく分かりませんが、娘のすみれさんが日本に戻って活躍する中、ハワイに残っていた自分を寂しく思って、生活が少し荒れていた様です(記事では、精神安定剤や酒量が増えていた、とあります)。                 人生は山あり 谷あり、一筋縄では行きません。そんな時、自分で自分を励ます魔法の言葉があるとよいのですが……         私は何かに行き詰まった時に、<今生安楽・来世安楽>と唱えることがあります……                         その心は………                今生が辛いから、来世に希望をつなぎ、来世は楽しく生きよう、来世に賭け様と思いつつも、でも、来世は今生の続きなのだから、来世の安楽を保証するためには、今生も楽しくなければならない訳で……。。。               そして、今生安楽を保証するのは、無常・無我を知って、如理作意(世界の実相を受け入れて、合理的判断をする事)で生きることと、己の負の部分(悪業。心の悪い癖)を少しでも薄める様努力すること……まぁ、こんな所です。ご参考まで。。。        追伸:無常を、心身の刹那生滅、と捉えますと、五分後、10分後も来世です。    死んだ後、また再び人間になるか?    牛になるか?               天人になるか?              の<来世>は、段生輪廻、段生来世と言います。